「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録
あじさいプロジェクト

あじさいプロジェクト

地域活性関東

福島のワクワクを伝える為にイベント設営、動画作成、写真と文章で伝えるなどなど。月1くらいで福島訪問もします。

代表者 山口裕土
設立 2018年 1月 8日
理念 福島のワクワクを
形態 学生団体
規模 1~30人
男女比
学年別の割合 3年:2年:1年=2:2:3
所属大学 慶応義塾大学
活動拠点 東京都
慶應義塾大学
活動頻度 週1日~
実績

メッセージ

私たちが初めて福島県に足を運んだのは、2016年10月。日本人として知っておくべきだ、と使命感に駆られて訪れた初めてのフクシマは、とても楽観視できる状況にはなかった。

5年半経っても未だ足を踏み入れることができない帰宅困難区域。不気味なほど静かな街。ご飯を食べる場所も、稼働しているガソリンスタンドを見つけるだけでも一苦労だ。

そこに僅かにいる住民に話を聞いた。放射能の影響で田んぼが使えず、職を失った人。助成金の額で揉め、近所の方と離れていった人。津波に家を飲まれた人。5年の年月をかけても前を向こうにも、向ききれない状況だという。
助成金が。東電が。震災が。

腑に落ちなかった私たちは、再度フクシマを訪れた。

強烈な夢を語る人々に出会った。

なぜこんな場所に住むのだろうか。不便で、絶望感が漂うこの土地に住むことで、一体何があるというのだろうか。

「田んぼアートで俺は3000万人福島に呼ぶ」
「ワインでみんなの夢を作りたいんだよね」
「ここでは100の課題があるからこそ100のビジネスができるんだよ」

眩しいばかりの彼らの笑顔や時折見せる葛藤、人柄に魅了され、私たちはまた彼らに会いにいった。そしてまた。
そこで気づいた。
私たちは「被災地」の福島に来ているわけではなく、友人がいる地「福島」に来ていたのだと。
彼らの生活、表情、笑い声こそが、福島の魅力であると。
彼らのことをもっと多くの人に伝えたいと思い、このイベントを開催することになった。

メンバー申請

参加の申請が完了しました。

申請ありがとうございました。
団体からの承認をお待ちください。

あじさいプロジェクトに
メンバー申請してもよろしいですか?

協賛希望メニュー

「応援する」ボタンを押して、
あじさいプロジェクトを応援しよう!

応援(シェア)すると、告知効果が高まります!

応援メンバー

入会の問い合わせや団体交流はこちらから

関連団体

Loading...

問い合わせ

問い合わせを送りました。

この団体を応援する

Loading...

このニュースを応援する

Loading...

このイベントを応援する

Loading...

このキャンペーンを応援する

Loading...

このページを応援する

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!