「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録
ラオス学校建設教育支援プロジェクト〜スーン〜

ラオス学校建設教育支援プロジェクト〜スーン〜

ボランティア関東

https://laosun.jimdo.com

スーンは早稲田大学公認の学生ボランティア団体です。2009年から活動を始め、今年度10周年を迎えます。
『共に考え、共に感じる』という活動理念のもと、ラオス・チャンパサック郡において、小学生の子どもたちに対する教育支援活動を行なっています。
具体的には、「主体的に可能性を追求できるチャンパサック郡」をスローガンとして、村全体を巻き込んだ教育へのアプローチを実践しています。冬休みに行う現地への渡航では、子どもたちに対して授業を行うほかにも、村の方、先生方との交流をしたり、家庭訪問をさせていただいたりしています。
これらの成果やデータを蓄積して引き継ぎながら、次の年の新たなプロジェクトへ向けて確実にバトンをつないでいくことを目標にしています。
国内では週2回のミーティング活動、早稲田祭やラオスフェスティバルへの出展、プレゼンテーション大会への出場を通してスーンの活動を知っていただくために活動しています。

代表者 石川由里絵
設立 2009年 2月
理念 「共に考え、共に感じる」
ボランティア活動は、ボランティアをする側とされる側になってしまい、支援が一方通行の形になってしまうことがあると思います。しかし、それは押し付けであり、私たちが目指すものではありません。
「共に」は、活動において押し付けではなく、当事者意識を持って現地の方に寄り添いたいという思いから、
「考え」は、私たちだけが問題意識を持って現地で行動していくのではなく、現地の方と一緒に考えることで問題に気づき、持続的な可能性を共に追求していきたいという思いから、
「感じる」は、将来村を支える小学生と同じ時間を共有することによって感じたことを大切にして、チャンパサックの未来へとつなげていきたいという思いから、
これら3つのキーワードから理念は形成されています。
形態 学内サークル
規模 1~30人
男女比 1:2
学年別の割合 1年生から4年生までほぼ同じ比
所属大学 早稲田大学
活動拠点 東京都
ラオス チャンパサック郡
活動頻度 週1日~
実績 プレゼン大会

メッセージ

はじめまして!私たちはラオス・チャンパサック郡にて10年間、小学校での教育支援を中心に継続的に活動をしてきました。これらの授業は先生や保護者の方からのニーズもあるのですが、授業を行うには備品代や通訳代といった費用がかかってしまいます。また、国内では、当団体の活動やラオス、チャンパサック郡の広報活動を行なっておりますが、出展費等がかかってしまうのが現状です。
これからも現地のニーズにあった、充実した活動を継続していきたいと考えております。そのために、様々な形で協賛をご提案いただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

メンバー申請

参加の申請が完了しました。

申請ありがとうございました。
団体からの承認をお待ちください。

ラオス学校建設教育支援プロジェクト〜スーン〜に
メンバー申請してもよろしいですか?

協賛希望メニュー

「シェアする」ボタンを押して、
ラオス学校建設教育支援プロジェクト〜スーン〜を応援しよう!

シェアすると、告知効果が高まります!

応援メンバー

入会の問い合わせや団体交流はこちらから

関連団体

Loading...

問い合わせ

問い合わせを送りました。

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!