「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

【なにをやっているのか】

私たちは現在のメイン事業として、また、私たちのミッションを実現する手段として、社会問題交流会(しゃかもん)、ソーシャルビジネスコンテスト及び、海外スタディーツアーを学生向けに企画・運営しています。

■しゃかもん

社会問題交流会、通称『しゃかもん』は、社会問題解決に向け、同じテーマに関心を持つ仲間を作ることや、社会問題に関する情報をシェアすること、社会起業家など実際に社会課題解決に向けて行動している社会人と繋がることを目的として、月に1回程度、都内にて開催しています。

■ソーシャルビジネスコンテスト

ソーシャルビジネスコンテストでは、特定の社会課題をテーマに設け、ビジネスプランを各チームで考え発表していただきます。

■海外スタディーツアー

1年に2回、海外にて1週間程度のスタディーツアーを予定しています。(※今後国内でも開催する可能性あり。)海外スタディーツアーでは、現地で活躍する社会起業家やリーダーにインタビューをしたり、現地の状況を視察します。夏にカンボジアへのスタディーツアーをHISやその他学生団体とコラボして企画しています。

■その他

上記の活動の他に、SBCでは、社会問題勉強会やシーズンイベントなどを内部メンバーと行っています。なお、メンバーの状況に沿った会議設計を行っています。

【なぜやるのか】

「平和な社会の実現」

私たちは平和な社会の実現を目指し活動をしています。 様々な定義があると思いますが、私たちは平和な社会を「社会課題がない状態」と定義します。

「社会問題解決に向けた次世代リーダーを輩出する」

現在、社会には様々な課題が山積しています。

貧困、自殺、環境汚染、人権問題、介護問題、食料廃棄...など挙げたらきりがないほどです。

そして、この1つ1つの問題で苦しんでいる人がたくさんいるのです。

この様な状況の中で、平和な社会を実現することは途方もないことに思えるかもしれません。

しかし、社会問題解決に向けて行動する人が1人増えれば、1つの問題が解決に近づきます。

つまり、リーダーの数だけ、世の中はより良くなっていくのです。

学生団体SBCでは、社会問題解決を目指すリーダーを育成・輩出したいと考えています。

「社会問題を解決したいという想いを後押しできる仲間と情報が集まるコミュニティを作る」

社会問題解決を目指すリーダーを育成・輩出するために、社会問題を解決したいという想いを後押しできる仲間と情報が集まるコミュニティを作ります。

大学でNPO法人に所属し活動したり、ボランティア活動をしたりしてきました。そんな中で、「将来、特定の社会問題を解決していきたい」という想いを持っている学生に多く出会いました。しかしながら、就活などの節目で想いを諦めざるをえなくなったり、心半ばで折れてしまう学生がほとんどでした。

その原因は、様々ですが、
1.ボランティアだと生計が立てられないイメージを持っている。
2.社会のレールから外れるから。
3.仲間やロールモデルとなる存在がいないから。以上の3つが大きな要因だと考えています。

ですので、私たちは、社会問題交流会やソーシャルビジネスコンテスト、海外スタディーツアーの企画・運営を通じ、社会問題を解決したいという想いを後押しできる仲間と情報が集まるコミュニティを作り、次世代リーダーを増やしていきたいと考えています。そして、平和な社会の実現に貢献していきます。

【メンバー募集!!】

メンバーのバックボーンや経験問わず、想いに共感してくださる方を募集をしていますので、

ビジョンに共感する方、一緒に0から団体を立ち上げていきたい方は是非一緒に活動していきましょう!

代表者 大森愛美
設立 2017年 4月 11日
理念 社会課題をビジネスで解決する人を輩出する!
形態 学生団体
規模 1~30人
男女比 1:1
学年別の割合
所属大学
活動拠点 東京都
東京都新宿
活動頻度 週1日~
実績

メッセージ

"社会課題×ビジネス"

「学生時代で終わらない。社会課題に本気で向き合う人生にしたい。」
そんな想いからこの企画は始まりました。

母子家庭で社会課題を身近に感じる機会が多かったので、
小学生からボランティア活動を始め、大学でも社会課題に特化した学生団体に所属し活動していました。

「社会を良くしたい」そんな想いを持って活動している仲間もたくさんできました。
しかし、就活という節目を機に想いを諦めてしまう人がたくさんいました。

それは、なぜなのか。


「社会課題解決=ボランティア=稼げない」


このイメージが強かったことが大きな原因の1つでした。

しかし、世の中には、お給料をもらいながら、自分の生活も豊かになりながら、社会課題解決に取り組む人がたくさんいます。

グラミン銀行を立ち上げたムハマド・ユヌスさんや、
株式会社マザーハウスを立ち上げた山口絵里子さん、
NPO法人カタリバを立ち上げた今村久美さん
等々

日本でソーシャルビジネスに取り組む企業・団体数は約8000に上ると言われています。

代表はもちろんそこで働く方々はお給料をもらいながら課題解決に取り組んでいます。

想いをカタチにするために、
学生時代だけで終わらない、持続可能な課題解決に取り組むべく、

あなたもその第一歩を踏み出しませんか?

代表 大森愛美

メンバー申請

参加の申請が完了しました。

申請ありがとうございました。
団体からの承認をお待ちください。

学生団体SBCに
メンバー申請してもよろしいですか?

協賛希望メニュー

「応援する」ボタンを押して、
学生団体SBCを応援しよう!

応援(シェア)すると、告知効果が高まります!

応援メンバー

入会の問い合わせや団体交流はこちらから

関連団体

Loading...

問い合わせ

問い合わせを送りました。

このニュースを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

この団体を応援する

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、
協賛確率がUP!

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このイベントを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このキャンペーンを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このページを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!