「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

代表者 渡邉 裕哉
設立 2010年 7月 10日
理念 『面白いことを考えられる人を面白い方法で増やす。』
面白いことを考える人が増えたら、世の中はもっと面白くなる。
その為には、まず自分たちが面白いことをして、
みんなの注目を集めなければならない。
その為に、イベントの企画・運営しているのが、
学生団体applimです。
形態 学生団体
規模 1~30人
男女比 1:1
学年別の割合 大学1年:1人 大学2年:1人 大学3年:5人 大学4年:1人
所属大学 法政大学校
活動拠点 東京都
新宿
活動頻度 週1日~
実績 2010年の発足以降、マーケティングコンテストを計9回開催し、累計4000名の学生が参加

メッセージ

「これ、おもしろくない?」

applimのミーティングにはいつだってこの言葉があります。

おもしろい人を、おもしろい方法で、増やしたい。
ほんっっの微々たるものでも、おこがましくても常に世の中に「おもしろい」を届けたい。
「おもしろい」なんて抽象的のお手本のようなものを追って追って毎日失敗だらけ、不安だらけ、それでもapplimに関わってくれた人が感じた「おもしろい」が広まってほしい。

そして
「これやりたい」
この言葉も頻出ワード。
全スタッフがapplimをステップにしてそれぞれの場所を目指す、「スタッフの成長拠点」にすることを意識しています。
自分の未来を切り拓くために、今何をすべきか同世代と切磋琢磨しながら活動しています。

具体的には講演やワークショップを企画し、参加者の"インプット"に重きを置いた「学ぶ」とapplimが提示したテーマのもと課題解決に挑む"アウトプット"中心のコンテスト「試す」の2つを軸として活動しています。
「学ぶ」でインプットしたことを「試す」でアウトプットする、この流れを通して参加者の中に「おもしろい!」という感覚を残すことが私たちの考える理想です。

「applimがあったから今がある」
applimに関わった人すべてがこう自信を持って言えるような場を提供する。

それがapplimの夢です。

*散々意識高いこと言ってきましたが割と、すごく割と小さいとこでつまずきまくることのほうが多いです♡
そんなところも含めてスタッフ全員がapplimを愛して運営しているあったかい団体です。

メンバー申請

参加の申請が完了しました。

申請ありがとうございました。
団体からの承認をお待ちください。

applimに
メンバー申請してもよろしいですか?

協賛希望メニュー

「応援する」ボタンを押して、
applimを応援しよう!

応援(シェア)すると、告知効果が高まります!

応援メンバー

入会の問い合わせや団体交流はこちらから

関連団体

Loading...

問い合わせ

問い合わせを送りました。

この団体を応援する

Loading...

このニュースを応援する

Loading...

このイベントを応援する

Loading...

このキャンペーンを応援する

Loading...

このページを応援する

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!