「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

Polaris -私がみる国際協力へのみち

2018年6月15日 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎1階シンポジウムスペース

学生団体S.A.L. HearToプロジェクト(メディア)

7か月前

いつかテレビで観た、銃弾の飛び交う戦地で、
飢餓に喘ぐ避難民キャンプで懸命に生きる子供たちの姿。
ふとしたきっかけで、遠く離れた誰かの苦しみに想いを馳せ、
国際協力の道を志す人々は少なくありません。

しかし、それを単なる志に終わらせず実際に行動に移し、
国際協力の大道を歩まれる方は僅か。
多くは国際協力をキャリアにする難しさと不透明さに不安を感じ、
いつのまにか就職活動の波に飲まれ、”若き日の志”と終わってしまっています。

「より多くの日本人が国際協力の場へ足を踏み出すべきだ」と言われる中、
そもそも国際協力の幅広い形が知られていないことが、
そのように叫ばれる原因の根っこにあるのではないかと思います。

私たちHearTo(ヒアトゥー)は、
「“ヒト”を映し出すことで“ヒト”を動かす」を理念に、
これまで国際協力に携わっている方々に迫り、
多様な生き方をフリーペーパーを中心に発信してまいりました。

そして今回、紙面を飛び出して、“ヒト”へダイレクトに発信します。

国際協力の第一線で活躍されている方が、
どのような経緯で今のお仕事をなさっているのか。
また、その具体的な内容や特色、強みは何なのか。
国連・NGO・フリーランスという3つの違う携わり方を
一度に知れるイベントです。

国際協力に興味ある方もない方も、
より具体的かつ現実的に
"将来のキャリア”として考えてみませんか。
 

夜空に瞬くPolaris(北極星)のように
このイベントでの出逢いが、
未来を照らす一つの指針となること。
そして
個人に秘められた無限の可能性に気づいてもらうこと。
それが私たちの願いです。


また当日は、同団体で活動するロヒンギャ難民プロジェクトの写真展「OROSCOPO」も併設。これは、ベルギー人の写真家David Verbercktさんとの共同で行っているもので、二者の視点からみたロヒンギャをクローズアップしています。

イベントの詳細はこちらから↓↓
FBページ:https://www.facebook.com/events/132319114304676/
twitter:https://twitter.com/HearToPJT

ツイッターでは、過去に特集した国際協力関係者の名言や、
今回のイベントのプレインタビューも載せているので
お見逃しなく!

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

主催:慶應義塾大学学生団体S.A.L. HearToプロジェクト
共催:国際人権NGO ヒューマンライツ・ナウ

開催日時 2018年6月15日 16:30
開催場所 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎1階シンポジウムスペース
MAP
定員・規模 100名
参加費用 学生無料
タイムテーブル 16:30-17:30  各登壇者によるプレゼン(20分×3)
〜【国連職員・NGO職員・フリーランス】三者多様な国際協力の携わり方をご紹介します〜

17:30-18:10  登壇者×学生によるトークセッション
〜HearToメンバーが、三名の現在に至る経緯や学生時代に迫ります〜

18:10-18:30  Question & Answer session(質疑応答)
〜最後は来場者の皆様から直接インタビュー!トークセッションで湧いた疑問や興味に答えます〜
ゲスト 古川麗(ふるかわ・うらら)さん
UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)中央アジア地域事務所。大学卒業後、外務省在外公館派遣員を経て大学院で学び、1995年駐日UNHCR事務所に入り日本の難民保護にたずさわる。1998年、JPO(ジュニアプロフェッショナルオフィサー)制度に合格しそのままUNHCRに。南東ヨーロッパ、近東、コーカサス、ジュネーブ本部、東南アジア勤務ののち、2017年よりカザフスタンを拠点に中央アジア5カ国の難民·無国籍者保護を担当。


米良彰子(めら・あきこ)さん
ハンガー・フリー・ワールド海外事業マネージャー。大阪出身。スポーツメーカーの海外営業部で働く傍ら阪神淡路大震災時より多言語放送局の立ち上げ・運営に携わる。その後アメリカで開発学で勉強し、カンボジアでフィールドワークを行う。帰国後は日本を拠点にアドボカシー・キャンペーン活動に関わり2015年6月より現職。現在はベナン、ウガンダ、ブルキナファソで栄養改善と食料、農業の啓発活動に従事。


高遠菜穂子(たかとお・なほこ)さん
フリーランス・エイドワーカー。大学卒業後、会社員を経て地元で飲食店経営に携わる。2000年からインド、タイ、カンボジア、2003年よりイラク支援に専念。2004年人質事件に巻き込まれるが、その後もフリーランスの立場で、難民・国内避難民への緊急支援、学校再建、外科ミッションのコーディネートなどを行う。日本国内では紛争地の様子や戦争トラウマについての講演で全国を回っている。
参加受付締切日時 2018年6月15日 16:00 まで

写真

入会の問い合わせや団体交流はこちらから

「応援する」ボタンを押して、
Polaris -私がみる国際協力へのみちを応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

応援メンバー

近日開催のイベント

Loading...

問い合わせ

問い合わせを送りました。

この団体を応援する

Loading...

このニュースを応援する

Loading...

このイベントを応援する

Loading...

このキャンペーンを応援する

Loading...

このページを応援する

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!