「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

団体紹介

「ワークキャンプと私 ~ネパールキャンプ~」

FIWC関東委員会 (国際交流)

6か月前

  • 1
  • ページビュー数
    41

「ワークキャンプと私」

人生のうち最も長い夏休み…と言われる大学生の長期休み。
旅行、バイト、インターン…いろいろな過ごし方があるだろう。

標高1400m、一面が山に囲まれている自然のなかで過ごすことを、私は選んだ。

アジア最貧国と言われるネパール。ネパール大地震から3年。

どんな人々がどんな暮らしをしているのか、
好奇心と緊張感をもって、このワークキャンプに臨んだ。

まず、そもそもワークキャンプとは何だろうか
ワークをするキャンプ?仕事をするキャンプ?

 

私たちの考えるワークキャンプは
ワークという手段を用いて村人と一緒にキャンプをすること。

ワークはあくまで手段であって、
村人と一緒にキャンプをする、村人と交流をすることに重きを置いている。

1ヶ月間もの間、日本語も英語もほとんど通じないネパールの農村地帯で、
日本人の大学生がネパール人の村人と一緒に生活をする。
それぞれに、それぞれの化学変化がおこる。

今回のワークは、コミュニティハウスの基礎づくり。
コミュニティハウスは日本でいう公民館のようなものだ。
現地の村人と一緒になって穴を掘り、石を運んで、砂を運んで、セメントを運ぶ。
機械も何もないなか、すべて手作業で行うのだ。
便利なテクノロジーに囲まれて過ごしている日本人の体にはひびくひびく…

     

 

でもなぜか、
村人と一緒に汗をかきながら毎日ワークをするのが苦痛だと思ったことは1度もない。
むしろ楽しく感じるのだ。

     

あたたかい人の笑顔、人と人の助け合い、
人間らしさ、人間くささ、というものを肌で感じる。

 

人との交流、人とのつながりが、どれだけ自分にとっての支えになるか、パワーになるか...

人は1人では生きられない。

家族、友人、まわりの人の大切さ、
日常の当たり前の大切さを
気づかせてくれる。

そんな魅力が
ワークキャンプにはある。

「応援する」ボタンを押して、
「ワークキャンプと私 ~ネパールキャンプ~」を応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体を応援する

Loading...

このニュースを応援する

Loading...

このイベントを応援する

Loading...

このキャンペーンを応援する

Loading...

このページを応援する

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!