「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

コラム・記事

【まとめ】最後の平成 2018年流行ったもの

ライターの集い (メディア)

4か月前

  • 0
  • ページビュー数
    132



2018年も早いものであと1ヶ月を切りました。

もう12月?!と思っている間に、徐々に街にはクリスマスソングやイルミネーションの装飾がいたるところに施されてクリスマスモード一色になり、そのうち紅白やガキ使のCMが流れたり、、という間に大晦日になって、また新しい一年がはじまります。1年って本当にあっという間ですよね。

 

皆さんにとって2018年はどのような年になりましたか?

今年は30年間続いた年号「平成」が、最後の年でもありました。平成生まれの私からすると、新しい年号は何だろうと、次の年号が楽しみである一方、自分の生まれた年号が一つ古い物になり、今後使われなくなるのが、どこかさみしかったりもします。

 

今回は、2018年はやった物を〈①音楽 ②芸人さん ③映画〉をまとめてみました!

 

① 音楽



2018年の上半期レコチョクランキング

 

1.Lemon(米津玄師)

金曜ドラマ「アンナチュラル」主題歌

 

2.さよならエイジー(米津玄師)

日曜ドラマ「トドメの接吻(キス)」主題歌

 

3.here comes my love(Mr.Children)

フジテレビ・木曜劇場「隣の家族は青く見える」主題歌

 

4.ドラえもん(星野源)

「映画ドラえもん のび太の宝島」主題歌

 

5.瞬き(buck mumber)

映画「8年越しの花嫁の軌跡の実話」主題歌

 

6.Hope(From AL「Finally」)(安室奈美恵)

フジテレビアニメ「ワンピース」の主題歌

 

7.LOSER(米津玄師)

Honda「JADE」のCMソング

 

8.Change (ONE OK ROCK)

「ONE OK ROCK×HondaJet『Go、Vantage Point』編

 

9.Hero(安室奈美恵)

NHKリオでジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソング

 

10.初恋(宇多田ヒカル)

火曜ドラマ「花のち晴れ~花男Next Season~」イメージソング

 

米津玄師さんは、1、2、7位にランクインしており2018年もっともブレイクしたアーティストと行っても過言ではないかもしれません。また安室奈美恵さんのHeroは、2016年のNHKリオデジャネイロオ

リンピックリオデジャネイロパラリンピック放送テーマソング。この曲を聞くとオリンピックで活躍した選手や、感動の場面を思い出しますね。

 

② 芸人

 

おばたのお兄さん



小栗旬さんが言う、花より団子の登場人物 花沢類の「まーきの」のネタで一躍有名になった、おばたのお兄さんは、女子アナウンサー山崎夕貴さんと結婚したことでも話題になりました。最近では、インスタグラムなどのSNSで、「まーきの」を使った新しい挑戦をしています。

 

野性爆弾「くっきー」



くーちゃんの相性で馴染みの野性爆弾くっきー。丸刈りの髪型、目つき、ひげなどの見た目、ゴツゴツした体格、パーエクトにかなり怖いです笑。下ネタや、非道徳的なボケが多く、たまにただの暴言ではないのか?というようなことも言いますが、実際に先輩に挨拶に行く時などはとても丁寧で…という話を聞くと好感度が高いです。

 

ひょっこりはん



おもしろ荘に出て話題になり、誰もが真似したくなるような動きで一躍人気になったひょっこりはん。ネタがとてもまねしやすく、バラエティ番組などで乃木坂46の白石麻衣さんや嵐の二宮和也さんなどがまねをしたものが可愛いと評判になりさらに人気に拍車をかけました。

 

ゆりやんレトリィバァ



吉本坂46というアイドルグループのメンバーであるゆりやんレトリィバァさんは2017年女芸人No.1決定戦 THE Wでドラえもんのマネをして初代女王に輝いています。オスカー賞女優のネタは、英語のスピーチ風の中に日本語のあるあるネタを入れるというネタなど特有の芸種をいかした漫才は、さすがR-1グランプリを準優勝しているだけあります。

 

③ 映画



2018年に流行った映画も沢山ありました。

アクションからアニメ、コメディと幅広い種類の映画がランクインしています。プーと大人になった僕では実写化されたプーさんが印象的でした。大人になったクリストファー・ロビンが、プーと奇跡的な再会を果たしたという背景から始まるこの映画はファンタジーな内容にしっかり意味のある映画になっていました。

 

1月

スター・ウォーズ 最後のジェダイ

2月

祈りの幕が下りる時

グレイテスト・ショーン

3月

映画ドラえもん のび太の宝島

ボス・ベイビー

4月

リメンバー・ミー

名探偵コナン ゼロの執行人

6月

万引き家族

7月

ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー

ジュラシック・ワールド 炎の王国

8月

銀魂2 掟は破るためにこそある

9月

プーと大人になった僕

10月

モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ

宇宙の法 黎明編

11月

ヴェノム

ボヘミアン・ラプソディ

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

 

スパイダーマンの中で悪役として登場するヴェノムが主人公の「映画ヴェノム」は、ヴェノムに寄生され、奇跡的に共存できた主人公とてきを倒して行くストーリーや、2人のちょっとしたやりとりが面白くて、すくっと笑える感動系の映画です。

 

いかがだったでしょうか。2018年の流行ったもの、人、音楽、映画などたくさんありましたね。年号が新しくなる2019年は、どんな一年になるのでしょうか。5Gが浸透し、画像が今まで以上にサクサク見れるようになるというニュースが、youtube大好きな私にとっては何よりも楽しみです(笑)

ではでは皆さんよいお年を〜〜

 

「シェアする」ボタンを押して、
【まとめ】最後の平成 2018年流行ったものを応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!