「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

ブログ

【クリスマス】みんな気づいてないけど今日はただの月曜日

賢者屋キャストTOKYO (キャリア/教育)

6か月前

  • 0
  • ページビュー数
    49

 

こんにちは陽太郎です。

イブの賢者屋はとても寂しく、閑散としています。

 

 

毎日ビーチサンダルを履いている私は「今日もビーサンなの!?」と驚かれる毎日です。

みんな下向いて生きてんだなと思います。

 

私がビーサンを履く理由は二つあります。

 

①季節を感じて生きることがこんなにも楽しいと知ったこと

 

冬は寒いものです。

風邪をひかない程度に防寒をするのは大切ですが、冬の風が足を撫でる時の心地よさはたまりません。

エスカレーターさえなければ裸足でもいいくらいです。

 

 

②社会に対するアンチテーゼ、問題提起であること

 

私は "考えていない"と推し測られているのではないか と不安になる時間が嫌いです。

冬になれば暖かい靴に帰るという変化に必要性をあまり感じていません。

ビーサンにならなければ気づきませんが、寒くても意外に大丈夫なものです。

 

毎年のことだから、みんながやっているから、そう教わったから、、、。

自分の考えにもとづいていない理由で靴を履き替えられるでしょうか?

 

当たり前という偏見に囲まれて育てられた私達は、目の前の景色を常に疑い続けなければなりません。

そこに思考がなければ、ロマンもありません。

 

 

そう、今日はクリスマスイブです。

クリスマスイブの夜は性の6時間と呼ばれ、多くのカップルがSEXを楽しみ、ラブホテルがいっぱいで入れなくなるそうです。

 

電車の中もカップルだらけで、今日だけは許されるだろうとイチャイチャを楽しんでいます。

私といえば、ブックカバーもつけず芝崎みゆきさん著の「古代エジプトうんちく図鑑」を読んでいます。

 

 

今日もひとりで電車に乗って六畳一間のアパートに帰ります。

昨日もひとり、今日もひとり、明日もひとり。

 

 

ずっとひとりで帰っているのに、

なぜ12月24日にひとりで家に帰ることだけは悲しいと思われるのでしょう?

 

 

私は毎日同じ行動をしているだけなのに、なぜ12月24日だけは特別なのでしょう?

 

 

あなたの “今日は特別” という感覚は自分の思考の上に成り立った、

自らの中で形成された価値観ですか?

 

 

 “今日は特別” という “あたりまえ” に

気づかないまま従っていませんか?

 

 

今日はただの12月24日、月曜日です。

1月1日と呼ばれる日から358回日が昇った日です。

1/365です。

 

何かを大切にするのは自分次第です。

そこに意味を見出すのも自分次第です。

 

 

体育座りにも学級目標にも運動会も算数テストも

そこにどんな意味があるのかを考え

自分なりの思考を鍛えながら価値を形成していくプロセスこそ、ではないでしょうか。

 

 

 

考えを失った時、それは奴隷と一緒です。

無知の奴隷は今日も笑顔で街を歩きます。

 

 

 

 

と誰かに言われた夢を見ました。

 

今年の12月24日、25日、30日、31日のキャストは私です。

なんだかあまり人が来ないような気がします。

 



 

「シェアする」ボタンを押して、
【クリスマス】みんな気づいてないけど今日はただの月曜日を応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!