「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

活動レポート

【スタツア3日目】ラオス人バリスタにコーヒーの淹れ方について聞いてみた 2017/12/25

フェアトレードドリップパックプロジェクト (ビジネス)

3週間前

  • 4
  • ページビュー数
    138

どうも、イブの夜は男四人と同じベットで過ごしました、ひろきです。

まあ一人よりはましなのでよかった?です。

けんしろ「クリスマスか・・・ちきしょーーーー!!!」

f:id:dripro-ft:20171226102750j:plain

僕は拓海にこんなプレゼントを貰いました。

f:id:dripro-ft:20171226103552j:plain

ダサいと思いますよね?

でも、ほら!

f:id:dripro-ft:20171226103737j:plain

伊達眼鏡に早変わり!

砂埃が多いラオスでは、夜の運転にとても便利。

 

 

今日はついに、コーヒー生産地の中でも中心的な街、パクソンに到着しました。

まず向かったのは、Jhai Café House。

f:id:dripro-ft:20171226103905j:plain

JCFCという、ボラベン高原(ラオスコーヒーが採れる山岳地帯)の農業組合が運営するカフェスペースです。

ここでは様々な種類のラオスコーヒーを、色々な淹れ方で飲むことができます。

また、現在はコーヒーのスペシャリストが豆の質チェック行ったり、ミーティングが行われたりと、農協関係者の溜まり場的存在にもなっています。

f:id:dripro-ft:20171226104005j:plain

この写真がマイケルというコーヒーマスターが様々な村・家庭で採れた豆の品質チェックをしているところ。

これまでの2週間で、約150家庭の品質チェックを行ったとか。

この方、コーヒーのとても細かな違いまで理解することのできる、本当に凄い人です。

マイケルがラオスコーヒーに関わって早6年。

ラオスコーヒーの進化はこの人のお陰なのかもしれません。

f:id:dripro-ft:20171226104058j:plain

この人はタオ。Jhai Caféのバリスタです。

彼のコーヒーの淹れ方はドリプロとは異なります。

ハンドドリップの他にも、エアロプレスなんかも使っています。

 

そんな彼に、おすすめのラオスコーヒーの淹れ方を聞いてみました。

帰ってきた答えは「基本さえ押さえていれば、なんでもいい」でした。

淹れ方が違うのもそれはそれで個性。

後は、何にフォーカスを置いて淹れるのがによっても違うそう。

彼は、香りにフォーカスを置いて入れているのだといました。

1つの正解があるわけではないのだと、再実感しました。

横でマイケルもうなずいています。

f:id:dripro-ft:20171226104300j:plain

というわけで、我らがドリプロOBのいっせーさん(JCFCに半年間インターン中)もドリップに挑戦。

うん!タオが淹れたのは違うけど、美味しいです!

f:id:dripro-ft:20171226104413j:plain

夜は久しぶりにちゃんとしたベットで寝る、はずが、

こんな羽目になりました。

しかもKしろーさんのせいで、じゃんけんで勝った2人が下で寝ることに。

そして見事に勝ったたくみと僕が今から下で寝ます。

敷布団を二枚敷いただけの布団、地獄です。

 

けど寝るしかない・・・

 

それじゃ!

 

ひろき

「応援する」ボタンを押して、
【スタツア3日目】ラオス人バリスタにコーヒーの淹れ方について聞いてみた 2017/12/25を応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

このニュースを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

この団体を応援する

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、
協賛確率がUP!

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このイベントを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このキャンペーンを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このページを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。