「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

コラム・記事

【中編】軸を持って生きる ~“考える”大学生活のススメ~

Table For Two Waseda (ボランティア)

7か月前

  • 3
  • ページビュー数
    281

おはようございます

代表の長々としたつぶやきの続きです。

ざざざっと流れるように書きましたので、ざざざっと読み流してくだされば嬉しいです。

 

前編はこちら

【前編】軸を持って生きる ~“考える”大学生活のススメ~

https://tasukake.weban.jp/archives/groupnews/%e8%bb%b8%e3%82%92%e6%8c%81%e3%81%a3%e3%81%a6%e7%94%9f%e3%81%8d%e3%82%8b-%ef%bd%9e%e8%80%83%e3%81%88%e3%82%8b%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%94%9f%e6%b4%bb%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%82%b9

 

★己で考え、他者と語る

 

判断軸はぐらぐら、明日進む道さえも見えていない。周りの友人はサークル活動やインターンで生き生きと輝いているのに、自分は何もしていない……

 

そんな状況が不安でたまらなくなった私は、現実を見つめ、自分と向き合うことを決心します。

 

まず、学部のカリキュラム上、在学中の長期留学が必須だったので、留学の時期から逆算して卒業までに取るべき単位数を正確に把握し、留学までにできる課外活動はないかと情報収集を始めます。キャリア系のセミナーに参加するなど、就活準備にも着手しました。

 

 

(留学先を東南アジアに決めたのもこの頃でした。TASUKAKEでマレーシア留学と学生ビザについての記事を書いていますのでそちらもぜひご覧ください◎↓

前編:

https://tasukake.weban.jp/archives/groupnews/%e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%81%ab%e7%95%99%e5%ad%a6%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86%ef%bc%81%ef%bd%9e%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%83%93%e3%82%b6a-to-z%ef%bd%

 

後編:

https://tasukake.weban.jp/archives/groupnews/%e3%80%90%e5%be%8c%e7%b7%a8%e3%80%91%e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%81%ab%e7%95%99%e5%ad%a6%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86%ef%bc%81%ef%bd%9e%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%83%93%e3%82%b6a-to-z )

 

 

こうして具体的な行動を起こす中で、徐々に大学卒業後のビジョンも固まり10年後は海外で働く」という大まかな目標(もちろん暫定的な目標です。人生は流動的なものですから、ビジョンや目標もその時その時で変わってよいと思います)ができました。この時私は、人生で初めて自分で自分の進む道の地図を描いたのです(この作業は一般的にキャリアプランニングとも呼ばれています)。

 

その結果、自分のライフキャリアと向き合い続けたこの2年半の間に、「自分は大学生活の中/今後の人生で何をしたいのか・何をすべきかを常に考え続ける」という習慣がつきました。

  

それと同時に、心から尊敬できる先輩や恩師、友人たちと出逢い、自分とは異なる価値観の人とたくさん語り合う中で、ひとりで悶々と悩んでいるだけでは決して辿り着けなかった答えをいくつももらいました。

 

ある先輩は、複数の選択肢を視野に入れておけば、いつでも余裕を持って将来について考えることができるのだと教えてくれました。

 

ある教授からは、何もせずにいる期間は焦燥感と同時に考える時間を与えてくれるから、かえって人間を成長させるのだ」という言葉をいただきました。

 

そして、マレーシアへの留学を3か月後に控えたある日、大学のとある講義でTable For Twoに出逢います。

 

(TFTとの出逢いとサークル復活までの軌跡:

https://tasukake.weban.jp/archives/groupnews/%e3%80%90%e5%ad%a6%e7%94%9f%e6%b3%a8%e7%9b%ae%ef%bc%81%e3%80%91tft-waseda%e3%80%81%e3%81%93%e3%81%93%e3%81%ab%e5%be%a9%e6%b4%bb%ef%bc%81%ef%bc%81 )

 

TFTを通じて出逢った仲間たちには、一緒に腹の底から笑って、辛いときには助け合い、人生について真剣に語り合える存在の大切さ教わりました。私が代表を続けられているのは、いつもフォローしてくれるUAの仲間たちや、TFT Wasedaに集まり、サークル再開から一緒に頑張ってくれたメンバーがいるからです。彼らには本当に、本当に心から感謝しています。

 

ひとりでモヤモヤしていた私に突き刺さった多様な価値観や言葉の1つ1つは、今の私の軸を構成する大切な要素となっていきました。

 

(なんということでしょう。前後編のつもりが3本立てになってしまいそうです。今度こそ後編へ続く)

「シェアする」ボタンを押して、
【中編】軸を持って生きる ~“考える”大学生活のススメ~を応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!