「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

ブログ

【学生にオススメ!自由すぎる街がある?地上の楽園?】デンマークのクリスチャニアに迫る!

ライターの集い (メディア)

3か月前

  • 0
  • ページビュー数
    297

✅毎日の平凡な生活に飽きたな~。
✅今まで自分が見たこともないような別世界に行ってみたいな~。
そんなことを思っているあなたに、ぴったりの場所があります!

それは、デンマークにある自治区クリスチャニア
「ヒッピーの楽園」ともいわれる、風変わりな場所があるのです。

 



なんと、このクリスチャニアでは、ルールがほとんどなくて、大麻もOKなんです。
それにもかかわらず、住民たちは居心地よく自由に暮らしています。

 

幸せの国デンマークの街並みの中に突如現れる別世界。

それでは、クリスチャニアとはいったいどんなところなのか潜入してみましょう!

 

目次
クリスチャニアとは
ルールはたったの9つしかない?
クリスチャニアの国旗・国家まであるぞ!
オープンな住民たち?
普通じゃない、自由な人たちの居場所に行ってみない?


クリスチャニアとは


日本ではあまり知られていませんが、ヨーロッパでは超有名な場所です!!
なんと、年間50万人もの観光客が訪れるほど!
ヒッピーコミュニティとして知られ、「地上の楽園」とも呼ばれています。

クリスチャニアの入り口


 

 

クリスチャニアの歴史


クリスチャニアは1971年にできたと言われています。
もとは、軍用地であり、少数のホームレスが暮らしているような場所でした。
ところが、近所の人たちが子供たちの遊び場になればと、フェンスを壊して整備を始めたことがきっかけとなり、一般の人たちに開放されました。
現在では800人以上の人たちがクリスチャニアに住んでいるそうです。

 

ヒッピーコミュニティとは何ぞや?


既存の社会秩序・体制からドロップアウトする脱社会的な思想や行動をとる人たちのことを、ヒッピーと呼びます。
1960年代後半,アメリカの若者たちの間に生れ,世界中のいわゆる先進国家に浸透していったとされています。

つまりヒッピーコミュニティとは、
既存の社会体制から離脱して、自由に自分たちの手で治める小さな村のようなものなんです。

 



落書きだらけ!


 

ルールはたったの9つしかない??


クリスチャニアでは、主なルールはたった9つしかないと言われています。
その中でも、有名なのが以下4つのルールです。

・暴力禁止
・武器の持ち込み禁止
・自動車の乗り入れ禁止
・ハードドラッグ禁止

このルールからわかるように、クリスチャニアでは、自動車が禁止されています。
そのため、住民は基本的に自転車を使って移動しています。デンマーク自体が自転車大国なのもあり、クリスチャニアの中でも外でもたくさんの自転車を見かけました。

「ハードドラッグ禁止」ということはつまり、全てのドラッグが禁止されてはいないことを意味します。
クリスチャニアの一部のエリアでは、喫煙者をよく見かけましたが、たばこではない匂いがしました。
はい、大麻ですね。。。

 

補足:大麻は危険なのか?


近年、大麻は体に良いともいわれており、アメリカの一部の州やオランダでは合法です。
西洋人にとっては、大麻はお酒やたばこと同じような感覚で、嗜好品とみなされているんですね!

 

デンマークの法律や社会福祉制度は適応されるの?


クリスチャニアは、独自のルールを持ちつつも、デンマーク国民として、社会福祉制度を利用することができます。独立しているように見えて、デンマークの中の一部の地域として存在しています。

このような特殊な自治区があるのにも関わらず、デンマーク国内で争いが起きずに平和に暮らせているのって不思議だと思いませんか、、、?
デンマーク政府や国民がヒッピーに対して寛容であるということが分かります。

 

ほんとに不思議なところだ、、、。


カラフルすぎる~!


 

クリスチャニアの国旗・国家まであるぞ!


ななんと、クリスチャニアには国旗・国家も存在します。
赤地に黄色い丸が3つデザインされた国旗です。3つの丸は「Christiania」という綴りのなかに3回出てくる「i」を象徴しています。

至るところに国旗があります。


 

オープンな住民たち?


クリスチャニアに住む人たちは自分たちで自由に家をデザインします。
私が特に驚いたのは、どの家にも窓にカーテンがないこと。
プライバシーをそれほど気にせず、むしろオープンな感じです。
土地の境目はなく、家が建っているだけなので、気軽に近隣住民の家に入っていけちゃう雰囲気がありました。庭のベンチに座って雑談している人もいて、住民たちはフレンドリーなんです。



普通じゃない、自由な人たちの居場所に行ってみない?


おそらく、日本ではこんな場所ないですよね。
決まり事はほぼないのに、みんなが幸せにのびのびと暮らしているクリスチャニア。
そこには、社会のルールにとらわれずに自分らしく生きるヒントがちりばめられているように感じました。

地上の楽園をのぞいてみたい、アートにまみれたいと思ったらぜひクリスチャニアへ足を運んでみてください!



きっと、あなたの知らない世界がのぞけますよ。

「応援する」ボタンを押して、
【学生にオススメ!自由すぎる街がある?地上の楽園?】デンマークのクリスチャニアに迫る!を応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体を応援する

Loading...

このニュースを応援する

Loading...

このイベントを応援する

Loading...

このキャンペーンを応援する

Loading...

このページを応援する

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!