「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

※運営会社の変更に同意したことと見なします。

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

コラム・記事

【徹底解説】ビールのラガーとエールって?エールビールが買えるおすすめのお店3選

ライターの集い (メディア)

5か月前

  • 1
  • ページビュー数
    205

こんにちは!「若者とワクワクをつなぐ懸け橋」学生ライターともきです!
4月になりましたね!気候も温かくなってきて、そろそろビールが飲みたくなってきました。

ところで、みなさんはビールの種類についてご存知でしょうか?
アサヒ?サッポロ?いえ、ビールのスタイルの話しです。

ビールはビールでしょ!
とりあえず生!




そう思っている方が
少なからずいるのではないでしょうか。

今回は私がいま醸造所で学ばせていただいているビールについてお話しできたらなと思います。
興味のある方読んでみてくださいー!

まず、ビールには大きく分けて
2種類のタイプがあると言われています。
(細かく分類すると、なんと100種類以上!)

それは、ラガー(下面発酵)【エール(上面発酵)】です。

ラガーは10℃前後低温長期間発酵させたスッキリとした仕上がりのビールで、
エールは20℃前後短期間で発酵させた華やかな香りが特徴のビールです。



みなさんが普段飲まれる大手メーカーのビールのスタイルのほとんどがラガータイプの中のピルスナーという分類のビールになります。

実は、日本ではビール=ピルスナー の図式が出来上がっています。
サッポロ黒ラベルにスーパードライ、プレミアムモルツにキリン一番搾り。全部ピルスナーなんです。

なぜ、ビール=ピルスナーになったのか?
それは冷凍技術の発達です。
世界初のピルスナーがこの世の出たのはなんと19世紀と、かなり新しいんですね。それまでビールで主流だったのは圧倒的にエールタイプのビールで、ラガーに比べると常温でも作ることができる、原始的なビール。だから、それまではビールといえば、エールタイプのビールでした。

ところがピルスナーの登場と同時期に、冷蔵技術が発達したことにより、

①冷たい環境で作る必要のあるラガービールが冬以外にも通年作れるようになった
②冷やして飲むとピルスナーのほうがうまい
③低音でじっくり発酵して熟成するので品質が安定し大量生産しやすい
④低音で雑菌が繁殖しにくく殺菌技術も発達した

といった理由から世界的かつ爆発的に広まっていったんですね。

だから、コンビニで売ってるビールはほとんどがラガー(ピルスナー)タイプのビールなんです。

しかし、最近ではクラフトビールのブームもあって、エールタイプのビールもちょくちょく見かけるようになりましたね!!

代表的なものが
①プレミアムモルツ 香るエール


②よなよなエール



③GRAND KIRINシリーズ




ですね。香るエールなんかは居酒屋でも生ビールで見かけるまで出世しました。

最近は、エビスもプレミアムエールと称してエールタイプのビールを発売しましたね。



画像の通り、
エールは20℃前後で短期間で発酵させた華やかな濃密な香りとコクのあるビールです。

なぜ華やかな香りになるかというと、エールビールは高温で作るために、酵母の働きが活発になるからなんですね。そのため味わいで言うとフルーティーで、濃厚な味わいになります。
クラフトビールや地ビールなどは、このエールタイプのビールが多く出されています。

そこで、エールビールを飲む機会があると思うのですが、美味しくエールビールを飲むための注意点がいくつかあります。

①キンキンに冷やし過ぎないこと
②瓶や缶ではなくグラスに注ぐこと
③一気に飲まずに香りや味わいを楽しむこと




冷やし過ぎはエールビールの特徴である香りを半減させてしまうので、冷蔵庫で冷やした後に少し出しておくか、野菜室など温度が低すぎない冷蔵室で冷やすことをオススメします。

また、グラスに注ぐことで香りを更に楽しむことができます。ワイングラスのような形のグラスに入れて飲むことも珍しくないですね。これは香りや味わいを楽しむためです。



 

また、味わいもドライでスッキリとしたラガービールと違い、複雑で華やかなので、ゆっくり味わってお楽しみ頂けたらと思います。

エールビールについてはよく分かったけど、コンビニに売ってないんでしょ?
どこで買えばいいの?そんな疑問にもお答えします。

①成城石井


ここに行けば間違いなくなんらかのエールビールが置いてあります。
主に海外ビールが多い印象。
おすすめはアメリカのアンカー・リバティエールです。


②ローソン

クラフトビールが売っているコンビニといえばここ。

おすすめはヤッホーブルーイング。
こんな感じで、様々なエールタイプのビールが売っています。

普段ビールを飲まないのであれば水曜日のネコ。飲むのであればよなよなエールがおすすめです。



③イオンリカー

イオンやイオンモールにあるお酒コーナーですね。



遊びに行った際に見かけた方も多いのではないでしょうか。

ここは、国内外のクラフトビールに加え、
いわゆる地ビールと呼ばれる、地元の小規模の醸造所で作られたビールも置いてあることがあります。

ぜひ行った際はチェックしてみるとよいでしょう。

イオンリカーでは、様々なビールが売ってますが、何を買ったらよいかよく分からないという方は黄桜さんが発売しているLUCKY~のビールはエールタイプで飲みやすくておすすめです。



 

まとめ

①ビールのタイプは大きく分けてラガーとエールに分かれる。

②ラガーは低温長期熟成ですっきりのど越し重視。エールは高温短期熟成で華やかで味わい重視。

③エールタイプが手軽に買えるお店は成城石井・ローソン・イオン。

いかがでしたでしょうか?
ラガータイプだけでなく、奥が深いエールタイプのビールもぜひ買って飲んでみてくださいね。
お読みいただきありがとうございました。

 

合わせて読みたい記事↓




 

---この記事を書いた人---



井上智貴(22)
「若者とワクワクをつなぐ懸け橋」という肩書きで活動。


「生き方」を通して山梨でありのままで生きる若者を増やすため、大好きなビールの醸造所で修行中。


自分の作ったゲストハウスで、自分の造ったビールで大切なみんなと乾杯するのが夢。


    過去に学生カフェ運営やつながりとワクワクを共創する学生団体の代表を経験。


    主にビールや自己理解についての記事を発信。


Twitter:@Tomo_tyip   Facebook:井上智貴


 

 

「シェアする」ボタンを押して、
【徹底解説】ビールのラガーとエールって?エールビールが買えるおすすめのお店3選を応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!

運営会社変更のお知らせ

平素よりTASUKAKEをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

この度、2019年9月1日(日)より、TASUKAKEの運営会社がパーソルキャリア株式会社から共同運営元である株式会社賢者屋に変更となりますことをお知らせいたします。

それに際しまして、アカウントをお持ちの利用者様に関しては、下記のお願い事項をご確認の上、ご対応お願いいたします。

<お願い事項>

  1. 【利用規約】【個人情報の取扱いについて】の内容を確認してください。
  2. 内容に同意いただける場合には下記の「同意する」ボタンを押下し、そのままログインください。
    ※この後は通常通りサービスをご利用いただけます。

8月31日(土)までに同意いただけない場合、登録情報の削除の対応をさせていただきます。
※再度ご登録いただければ、サービスの利用が可能です。

今後とも、お客様のあらゆるニーズに迅速にお応えできるようサービスの充実を図ってまいります。
引き続き、変わらぬご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

【お問い合わせ窓口】

https://tasukake.weban.jp/contact