「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

活動レポート

【東大みかん愛好会】第3回学生団体総選挙、総合グランプリを頂いて。

東大みかん愛好会 (食/農業)

11か月前

  • 44
  • ページビュー数
    736

こ んにちは!東大みかん愛好会と申します。
まずはこのたびの学生団体総選挙、同率で総合グランプリを受賞できましたこと、深く御礼申し上げます。



第1回学生団体総選挙 【食・農業・環境・医療部門】準グランプリ
第2回学生団体総選挙 【食・農業・震災復興・地域活性部門】予選落ち
第3回学生団体総選挙 総合グランプリ&【クリエイティブ部門】グランプリ

さて、上に挙げたのは今までの私たちの成績です。こんなに性懲りもなく毎回出てる団体もそう多くないのではないでしょうか。
最初に目がいくのは、属する部門の移り変わりですね。クリエイティブ。
あえて言うなら最もしっくりくるジャンルは「みかん」なのですが、そんなジャンルが存在するわけもなく、運営の方もこの異質な団体の扱いには苦労されたのではと推測しています (笑)。

ここから少し裏話チックになりますが、まさにこの異質さがそもそもエントリーするにあたっての葛藤をも生んでいました。

「まず学生団体って何だ?」

「みかん愛好会はどっちかというと“サークル”なんじゃないのか?」
「他の多くの団体は立派に社会貢献してるのに、俺たちは同じ土俵に立っていいのか?」

東大みかん愛好会の唯一絶対の活動理念は、「日本のみかんの消費量を増やす」ことです。

すなわち、みかんの消費量が全盛期(1970年代)と比べて約25%に落ち込んでいる現状を変えるため、様々なプロモーションやブランディングの企画を行い、消費量の拡大に繋げること。
行ってきた企画は数知れず。
学園祭での「蛇口からみかんジュース体験」やみかん食べ比べ企画、都内の大学でのみかん5,000個無料配布、みかん狩り列車ツアーの企画、太良(たら)みかんシンボルマークコンテスト、などなど……。

もちろん、こうして世間に広くリーチできるような面白い企画を作ろうと、一同で普段から頑張っています。
しかし、いざ他の団体を見渡すと、みかん愛好会の活動が「単なる自己満足」に見えてしまう瞬間があったのもまた事実でした(私だけかもしれませんが)。
本当にこれでみかんの消費量を上げられるのだろうか。
東大みかん愛好会が存在する社会的な意義とは、何なのだろうか――。

そうした中にあって、学生団体総選挙への日々は、自分たちの活動の意味を再発見していく過程でもありました。

愛媛や和歌山といった有名な産地のみに偏らず、地域の垣根を超えて「日本全国」のみかんの魅力を発信できる立場であること。
みかんシーズンは収穫で忙しいみかん農家さんに代わって、その魅力を消費者にダイレクトに届けられる存在であること。
何より、「みかん好き」な自分たちだからこそ気づくことのできるみかんの魅力、みかん産地の魅力があると思えたこと。

このようなオリジナリティを確かに持っているのだと、今一度自信を持つことができました。

また総選挙のあとの懇親会で、審査員の方やいろんな団体の方に話しかけていただけたことも大きかったです。
こんなにも多くの人に興味を持ってもらえた、そして自分たちの活動を認めてもらえた!との思いが胸に迫りました。

はじめは単に「みかん好きだから」という理由で入った東大みかん愛好会でしたが、自分がこの団体に所属していることを今は誇らしく思うことができ、幸せです。



最初に今までの成績を載せましたが、じつはプレゼンのメンバーは毎回変わっています。
今回グランプリを獲れたのも第1回・第2回の積み重ねあってこそだと感じており、今までプレゼンを行った仲間にも感謝を伝えました。

……もちろん、総合グランプリを受賞したことがゴールだとは思っていません。「始まり」です。
多くの企業賞なども頂くことができたこのチャンスを絶対に逃さず、大きな面白いことをやっていこう、もっとガンガン目立っていこう。
新年そして来年度の活動へ向けて気合いを入れ直し、さらに精進して参ります。
今後は内部だけでなく一般向けのイベントも徐々に増やしていくつもりなので、ぜひTwitterやFacebookで動向に注目していただけると幸いです(笑)。

長い記事でしたが、お読みいただきありがとうございました。

「応援する」ボタンを押して、
【東大みかん愛好会】第3回学生団体総選挙、総合グランプリを頂いて。を応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体を応援する

Loading...

このニュースを応援する

Loading...

このイベントを応援する

Loading...

このキャンペーンを応援する

Loading...

このページを応援する

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!