「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

コラム・記事

【検証済み】バイトは本当に効率的な収入源なのか?

TASUKAKE運営 (オールジャンル)

5か月前

  • 1
  • ページビュー数
    109

 

「毎日バイトをいれているから、体がそろそろ限界…」

 

このような大学生が多いのではないでしょうか?

確かに、家賃や食費、遊びに必要なお金を考えると、アルバイトは必須ですよね。

 

ただ、本当にアルバイトって効率的な稼ぎ方なのでしょうか?

この記事では、私の大学生活を基に、アルバイトは効率的な収入源なのかどうかを検証してみます。

アルバイトで疲弊している方は、是非最後まで読んでみてください。

 



 

結論、アルバイトは思ったより稼げない


結論からお伝えすると、アルバイトは効率的かつ効果的な収入源ではありません。

その理由は後程お伝えするとして、まずは私のアルバイト歴をお伝えします。

 

【タイガのアルバイト歴】

・某ショッピングモール 銘店 1カ月 時給850円

・某ショッピングモール 揚げ物売り場 12か月 時給850円

・お洒落な八百屋 1カ月研修 時給900円

・引っ越し 1カ月 日給10,000円

 

これが私のアルバイト歴です。

今振り返ってみると、本当に割に合わなかったなと思います。



 

 

年末年始もアルバイトに明け暮れ、一番頑張った月は10万円以上稼ぐことはできましたが、体は疲弊しきっていました。

時給が高い引っ越しも、性に合わなかったためすぐに辞めました。

居酒屋でアルバイトをされている学生が多いと思いますが、日給が高くても合わないと思ったらすぐに辞めることをオススメします。

 

お金だけを求めて働いていては、体も心も壊れてしまします。

 

「アルバイトをやらないと生活ができないんじゃないか?」

 

このような声が聞こえてきそうですが、何もアルバイトだけが収入源になるわけではありません。

次に、私が現在行っている活動をお伝えします。

 

 

収入源は好きなことから作り出せる




アルバイトはハッキリ言って惰性で行う人がほとんどでしょう。

貴重な大学生時代に、アルバイトばかりして他のことに時間を使えないのは勿体ない。

以下は、私が現在までに行った活動です。

 

【タイガの収入源】

・長期インターン 月収3万円

・デザイナー 2か月で1万円

・せどり 売上げ10万円

・ライター 1か月目で2万円 2か月目で5万円 3か月目で20万円

 

これらが、今までアルバイト以外で稼いだお金の内訳です。

 

アルバイトを辞めてからは、長期のインターンを6か月間行い、生計を立てていました。

もとから貯金はあったので、3万円でも問題なし。

メンタル的に辛い時期がありましたが、お金よりも圧倒的な経験と実績を得ることができたため、とても満足しています。

アルバイトをやっていたら、この経験を得ることができなかったので、アルバイトよりも効果的は収入源でした。

 

また、デザイナーとしてTwitterのバナー画像やロゴを作成しています。

まだまだマネタイズが上手くできていませんが、好きなことで稼げる初めての経験でしたね。今後もやり続けたいと思います。

 

せどりも経験中。

知り合いの方から商品を売ってほしいと頼まれており、売れたら3割の売り上げをいただけることになっています。

マイナスのイメージが強いせどりですが、何もしなくてもお金が入ってくるため、アルバイトよりも効率的ですよね。

 

一番収入を作っているのが、ライター業。

1か月目は、知り合いの方のサイトでライターを経験し、月に2万円獲得しました。

2か月目は、本格的にクラウドソーシングを利用し始め、月に5万円を獲得。

そして今月は、なんと月20万円の収益を見込んでいます。新卒の初任給を超えましたね(笑)

 

なぜここまで稼げるようになったかというと、「いなフリ」というフリーランス養成講座に参加したから。

作業に没頭できる環境と、ライティングの技術や営業法を教えていただけるメンターの存在が、私をここまで成長させてくれました。

 

アルバイトで月に20万円かせぐとなると、相当働かなければいけませんよね。

ライターの場合は、好きな時に、好きな場所で1日5記事書ければ、20万円に到達します。

 

もちろん、向き不向きがあるため、誰にでもオススメできることではありません。

ただ、好きなことに没頭すれば、アルバイトよりも効果的・効率的に稼ぐことができるのです。

 

 

今の大学生に言いたいことは、「経験にお金を使い、経験でお金を稼ごう」ということ。

今後、個人が商品になる時代がやってきます。(もう来ている)

 

また、少子高齢化や社会保障問題で、当たり前が当たり前でなくなる時代が到来します。

いつまでも安定して企業で働ける保証は、今はありません。

時間がある大学生のうちに、自分が好きなことを見つけ、それをマネタイズすることができれば、将来は圧倒的に生きやすくなります。

 

 

まとめ:アルバイトは非効率。経験でお金を稼ごう!




お伝えしたいことは3つ。

①大学生という時期に、アルバイトで疲弊することは非常にもったいない

②それなら経験に時間を使い、経験で稼げるようにするのがオススメ

③今後の社会は当たり前が当たり前ではなくなる

 

是非、これを見た学生の方は、アクションを起こしてみてください。

 

【ライター情報】



タイガ|大鋸佳輝

ライター/マネージャー/デザイナーとして活動しています。

好きを追求する生き方「ゼネラリスト」を実行中・・・

将来は、健康の提供・カフェ(仮)の経営が目標です。

 

▶プロフィールはこちらから

▶Twitterはこちらから

▶ブログはこちらから

 

 

「シェアする」ボタンを押して、
【検証済み】バイトは本当に効率的な収入源なのか?を応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!