「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

コラム・記事

この世界には二種類の人間しかいない。 小説を読む人間と読まない人間だ!(錯乱)

賢者屋キャストTOKYO (キャリア/教育)

8か月前

  • 0
  • ページビュー数
    67

どーも、賢者屋キャストに仲間入りしたモアイこと横山史人です。



大学生って小説大好きな人もいるけど、読まない人もけっこういると思います。


読書好きだよって人でも、メンタリストDai〇Goの本とかホリ〇エモンの多動力とか、小説以外を読むって人も多いと思います。

 

だけど一言言わせて。

小説も読むべきや!!!おもしろいもん!!(薄)



そんなわけで横山がおススメする、小説普段読まないよって人がこの年末、読むべき作家&本をあなたに紹介します!


小説大好き人は、わかるわかるー、とか、それ違くね?みたいな感じで読んでほしいな。(語彙力皆無)

 

今日紹介するのはタイプの違うこの4人(とその他)!
朝井リョウ
伊坂幸太郎
原田マハ
重松清

【朝井リョウ】


代表作「何者」「霧島、部活やめるってよ」「スペードの3」
どんでん返し度 ★★★★
癒され度 ★★
共感度 ★★★★★

作風としてこの人は、人間が、できれば省みたくない心の内面までを小説であぶり出し、現実以上に人間のリアルを描く人。

横山も1年生の時、就活を舞台にした「何者」の映画を大学の友達と見に行き、描かれる若者の心情があるあるを通り越してリアルすぎて、ちょっと同族嫌悪みたいな苦々しい気持ちになり、友達と大沈黙しながら帰った思い出あり。

これは大学生の今、みんなで見て話した方がいいと思う。あの時の帰り道のドトールのラテは苦かった。

 

ちなみに彼のエッセイ集である「時をかけるゆとり」は、見た人8割5分3厘が朝井ファンになる(横山調べ)。イチローもびっくり。

 

【伊坂幸太郎】


代表作「ゴールデンスランバー」「重力ピエロ」「アヒルと鴨のコインロッカー」
どんでん返し度 ★★★
癒され度 ★
ぐええ度 ★★★★★

ぐええ度ってなんやねんって感じだけど、この人の小説ってほんとに見てて「ぐええ」ってなるの(笑)。とにかく人間の影の部分と迫りくる恐怖を描くのがうまくて、「ゴールデンスランバー」とか「アヒ鴨」とかまさにそう。

ちょっと怖すぎてちびる。

 

でも最後はさわやかに終わったりするから安心して! ぐええ。

謎解き系が好きな人は、この人好き鴨。なんちって。

 

ちなみに伊坂は東北大卒で、物語の舞台も仙台が多い。

 

【原田マハ】


代表作「生きるぼくら」「まぐだら屋のマリア」「さいはての彼女」
どんでん返し度 ★
癒され度 ★★★★★
これは泣く度 ★★★★

クリスマスに予定が入らない、今年からお年玉がなくなる、1月のテスト期間を前に落単科目が確認され始めたなど、年末年始に傷つく予定のある人におススメなのが、原田マハ。

彼女の小説は前述の2人と打って変わって、穏やかで落ち着いたやさしーーい作風。

 

朝井・伊坂が酢豚・回鍋肉なら、原田は完全におかゆ。風邪引いたり病んでるときはほんとに至福。

疲れた体、傷ついた心にじーんと染み込むような温かい作風である。

 

横山も前務めていた団体の代表職がきつかった時期、「生きるぼくら」を読んで出先の大阪駅の真ん中でむせび泣くという失態経験あり。それほどまでに癒される。

彼氏彼女がいなくても、原田マハがいる。ぐすん。

 

【重松清】


代表作「ナイフ」「ビタミンF」「ファミレス」
どんでん返し度 ★★
癒され度 ★★★★
これは泣くど!? ★★★★★

原田と同じく温かい作風が特徴の重松清。

思わず泣く度が中居くん訛りになってしまうほど、横山的には彼の小説で泣ける。

つい最近だと、先週「ファミレス」で泣いたのが涙腺速報。歳を実感。

 

この小説は2012年日経新聞夕刊に連載されていたものである。重松清はビートたけしのエピソードが有名。

ちなみに、朝井とか伊坂とか東野圭吾とか、敏腕小説家を画像で検索すると揃ってキリっとした人が出てくるけど、重松清を検索してみ?

完全にチャンカワイが出てくるから。そんなギャップも好き。

重松清

 

 

以上です!

 

上の4人は小説家のごくごく一部で、

他にも推理小説の王様・東野圭吾とか、“半沢直樹”「下町ロケット」等、歌舞伎みたいな小説が多い池井戸潤とか、本名は「石平」さんの石田衣良とか、

ほんっとにおもしろい小説家はたくさんいます!

時間のある大学生という今だからこそ、年末だからこそ!いろんな小説を読みふけってみてはいかがでしょうか!

以上、モアイでした!

 

「シェアする」ボタンを押して、
この世界には二種類の人間しかいない。 小説を読む人間と読まない人間だ!(錯乱)を応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!