「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

ブログ

それほほ記録〜新たなスタートへの決意とその裏側〜 by ゆりまる

それからふくらむ可愛い頬を、 (音楽)

3か月前

  • 55
  • ページビュー数
    157

それほほにとっての初めての大会、ユニドル2016-17Winterの敗者復活戦が終わって。

 

それほほにとって大きな節目となるときがやってきました。

それまで運営にたくさんメンバーがいて10人以上でやっていた体制を見直し、頼れる人数が一気に減り。

でも本気で強くなる、それほほを自分が引っ張っていく、という思いはメンバーの中で強くなっていました。

 

 

これからの決意表明を動画におさめよう。

たしか朝の6時くらい。早朝の江ノ島で。



 

この日のことは今でも絶対に忘れられません。

まず時間から大幅に遅れて行ってしまったこと。

普段から遅刻することはなかったから、自分にもショックを受けたし、これからだと意気込んでいたメンバーもきっと、裏切られたような、ショックを受けていたんじゃないかなと思います。

 

 

これからの決意表明を動画におさめよう。

わたしは、このときうまく喋れなかったのか、それとも上辺でなにか取り繕って喋ったのか。

とにかく、何を喋ったか覚えていません。

 

でも、その前日から決めていたことは、それほほを辞めることでした。

目指すものへの壁が高すぎて、どこまでいっても遠い気がして、先を見ることができなくなったんです。

 

そんなことも言い出せずに、今までよりも一層頑張るという意識が芽生えてキラキラしているメンバーを見て、帰りの電車で揺られながらどうしようもなく切なくなったことを覚えています。

 













 

でも、写真を見てもわかる。

本当に愛しくなってしまって、それほほのことも、メンバーのことも。

 

ユニドルを続けることって、そんな単純な気持ちだけではできないことで。

でもその単純な気持ちを捨てることはきっと何よりも後悔することで。

 

このとき以降、それほほを辞めたいと思ったことはありません。

新しい気持ちになっての、本当のスタート。

 

「応援する」ボタンを押して、
それほほ記録〜新たなスタートへの決意とその裏側〜 by ゆりまるを応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

このニュースを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

この団体を応援する

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、
協賛確率がUP!

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このイベントを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このキャンペーンを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このページを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。