「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

ひとこと

てらこやちばの夢「てらこやを広めたい」

てらこやちば (キャリア/教育)

5か月前

  • 71
  • ページビュー数
    284

我々てらこやちばの夢は、千葉市に、千葉県に、日本中に、「てらこや」の存在を伝えることです。

てらこやちばは、子どもたちの不登校や引きこもりの”予防”をするために活動を始めました。

地域でのコミュニケーションが減っている今、教育の大部分は家庭と学校の2つに集約されます。

しかし現代の社会において、家庭ではネグレクト・家庭内暴力・貧困の連鎖などの問題が潜んでおり、学校ではいじめ・学級崩壊・偏差値至上主義などの問題があります。

家庭と学校が悪い!といっているわけではありません。家庭と学校を切り分けて、教育をその2つにまかせっきりにしてしまっては、教育に限界がある、と考えているのです。

そこで我々は、家庭と学校を繋ぐ、3つ目の居場所(サードプレイス)を、地域の中に立ち上げようと、「てらこや」という居場所をつくり始めました。

家庭・学校・地域の3つが共に手を取り合って、子どもたちを取り巻く教育の環境を充実させることがねらいです。

 

また、地域社会の薄れからか、近年の子どもたちはテレビやインターネット上のスターやプロスポーツ選手など、遠い存在に憧れの目が行きがちです。

そこで、大学生のお兄さん・お姉さんとして、より身近な存在だからこそできる関わり方をしようと、我々大学生が動き始めたのです。

 

子どもたちの関わることができる大人は、家族と先生が大きなところであり、昔のように地域の大人と関わる機会は減っています。

家庭と学校を繋ぐ”地域”のなかの居場所「てらこや」で、子どもと大人を繋ぐ”大学生”が、子どもたちと「共育」をする。

この共育が「てらこや活動」です。

子どもたちが個性を輝かし、共育を通して憧れの存在を見つけられる、そんな居場所を1人でも多くの方に知ってもらうことが、我々てらこやちばの夢です!

 

 

 

「応援する」ボタンを押して、
てらこやちばの夢「てらこやを広めたい」を応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体を応援する

Loading...

このニュースを応援する

Loading...

このイベントを応援する

Loading...

このキャンペーンを応援する

Loading...

このページを応援する

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!