「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

団体紹介

はじめまして!「めぐこ」です!

9か月前

  • 7
  • ページビュー数
    410

 

タスカケをご覧の皆様、はじめまして!

上智大学学生主体NGO

「めぐこ」―アジアの子どもたちの自立を支える会− 

の広報部の上智大学看護学科2年の瀬尾と申します!

「経済的理由により


初等教育を受けることができない


子どもたちに教育へのアクセスを保障し


彼らの将来の可能性を広げること。」


1975年の創設時から「めぐこ」はこの思いを胸に

42年間走り続けてきました。

 

現在ではインド・フィリピン合わせて

年間約2000人の子どもたちに対して

初等教育・学資支援活動を行っています。

イベント出店中のグループフォト
上智大学のイベント、ソフィア祭にて


現在「めぐこ」は上智大学を拠点に

日本国内にて

  • 四ツ谷駅前での街頭募金

  • 上智大学内でのチャリティーバザー

  • 年1回のチャリティーコンサートの開催

  • 学内外で行われる各種イベントへの参加・企画


…といった活動と

  • 郵便募金

  • 自動口座振替制度


上記2つによる募金を通じて

支援者の皆様からインド・フィリピンの

子どもたちの支援のため、

必要な支援金を募り現地へ送金しています。

「めぐこ」はこれらの活動を行っていくうえで

組織全体の統一を図るため、

  1. 「同じ人間仲間」

  2. 「顔の見える支援」

  3. 「ライフスタイルの再考」


という3つの理念を掲げています。

⑴顔の見える支援

Bardipadaの女子生徒とメ「めぐこ」メンバー
インドの支援施設であるJivan Vahal Societyの女の子たちと「めぐこ」メンバーのグループフォト


支援をしている子どもたちを

単なる数字化されたデータとして

捉えるのではなく、

夏季休業期間を利用して現地に赴き、

子どもたち1人1人と寄り添うことで

現地との確かなつながりを築き上げる

「顔の見える支援」

⑵同じ人間仲間

交流時間に彼らと英語や現地語、ボディーランゲージを通じて交流を図っています。


限りない可能性を秘めながらも

発展のカギである基礎教育の機会すら

与えられていない子どもたちの自立を支える

「同じ人間仲間」

⑶ライフスタイルの再考

都内の教会にて募金活動をしている様子です


これら2つの理念を踏まえて、

活動を通じて第三世界の犠牲の上に

豊かな暮らしを享受している先進国の裕福さ、

自分たち自身の生活の在り方を

見直す機会を持つ

「ライフスタイルの再考」

 

これら3つの理念は「めぐこ」創設時から現在まで変わらず「めぐこ」の軸となってきました。

 

そんな、3つの理念を

身をもって感じることのできる活動として、

支援先であるインドとフィリピンを

毎年8月に隔年で訪れる

スタディーツアーがあります。

2017年はインドを訪れ、

2017年インドスタディーツアーの集合写真のうちの1枚です!


2018年はフィリピン訪問予定です!

子どもたちと「めぐこ」メンバーの一幕。これぞ、顔の見える支援をする「めぐこ」ならでは!!

「応援する」ボタンを押して、
はじめまして!「めぐこ」です!を応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体を応援する

Loading...

このニュースを応援する

Loading...

このイベントを応援する

Loading...

このキャンペーンを応援する

Loading...

このページを応援する

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!