「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

コラム・記事

やりたいこと100リストを作ってみよう!〜平成最後の年、あなたはどう過ごす?〜

ライターの集い (メディア)

7か月前

  • 25
  • ページビュー数
    7070

みなさん、こんにちは。

山梨県在住、東京活動の2拠点生活学生ライターの黒澤です。

少し前に「平成が終わる」という報道がなされ、それ以降多くの人のSNS等で「平成最後の夏休み」というキーワードを目にするようになりました。

みなさんは、平成最後の夏休みどのように過ごしましたか?

僕は、昔から続けているラフティング(川下り)のインストラクターをずっと行い、後半は海外へ自由気ままに旅に出てきました。まとまった時間があるからこそ、やりたいことに集中したり遠方に足を運んだりと有意義な時間が過ごせますよね。

何かに打ち込むのも良し、実家でまったりも良し。きっと各々素敵な夏休みを過ごしたことでしょう。さて、そんな平成最後の夏休みを終えた我々は、「平成」という年号で過ごせる時間が約半年になってしまった訳です。

今回の記事では、「平成最後、あなたはどう過ごす?」というテーマをもとに、僕が考えたことや感じたことをまとめていきたいと思います。


1. 「平成最後の」というワードは機会を与えてくれている

正直な所、この「平成最後の」という言葉を聞きすぎて嫌になっている人も結構いるのではないかと思います。僕の周りにも「何でも平成最後のって言ってやりたいだけじゃん!」「ただの口実でしょ」という声をよく耳にしていて、確かにそうだなぁとも思う一方僕は案外肯定的だったりもします。

「平成最後の」という言葉を使うことで、何だか今まで重かった一歩を踏み出すきっかけや、出会わなかった人と会うことができる場が生まれる可能性もあると思うのです。まさに「口実」だけれど、その口実にぜひ乗っかって何かに踏み出す「機会」を作ってくれていると考えるので、私はそれもアリなんじゃないかなと肯定しています。

ぜひこれを良い機会に、

①自分のやりたいことを明確にする

②積極的に動いて実体験を積んでいく

③意思があればそれを発信し新たな仲間を見つける

などを行ってみてはいかがでしょうか。

上記に挙げた3つをもう少し掘り下げていきたいと思います。


2. 「やりたいことリスト100」を作ってみよう!

自分のやりたいことを明確にするために、文字に書き起こすというのはかなり有効な方法だと思います。形として残るとともに、書きながら自分の想いなどを具現化して推敲発展させることができるためです。

ただ書きまくるというのも良いとは思いますが、それでは書きにくいなぁという方に向けて「やりたいことリスト100」を僕はオススメしたいと思います。数値的な目標ができますし、100もあると結構細分化(具体化)する必要が出てくるので、想いやそれに伴う行動が明確化されます。

平成が終わるまでにではないのですが、僕自身も25歳の終わりまでにやりたいこと100リストを数年前に立てて、定期的に見返して動いてきました。やはり想いは書いておかないと忘れてしまうので、終わった後で後悔しないためにも形に残すことは重要だとつくづく思い知らされました。

ちょっと恥ずかしいですが、ご参考までに…(笑)

筆者の昔書いた「25歳までにやりたいこと100リスト


3. 時間は限られている!いますぐ動いて実体験にしていこう

さぁやりたいことリスト100を書いた後は、実行あるのみです。「平成最後の」という言葉を使う最大のメリットは、期限設定をできることだと思います。走っていても、寝ていても平成最後は必ず訪れます。

せっかく時間や想いをかけて書き出したそのリスト、実行しなきゃもったいない!気がついたら平成最後の日はすぐそばまで来てしまっているものです。(テスト直前のあの焦る感覚を思い出して!笑)後で後悔しないためにも、できる小さな項目から手をつけてみてはいかがでしょうか。


4. 宣言や実体験を発信することで更に加速する

もしまだ実行できていない人や迷っている人は、「平成最後までに○○を達成するんだぁ~!」などと宣言をしてみるのも良いかもしれません。自分の言葉に責任を感じて踏み出す原動力を生んでくれたり、周りからアドバイスやリマインドをもらえるかもしれませんよ。

逆に実行できた方も、発信できる内容でなおかつ発信する意思があれば是非SNSや友達に報告してみるのも良いかもしれません。それがきっかけで、新しいコミュニティが広がったり、次の目標やチャンスが見つかるかもしれません。


まとめ

ここまでを簡単にまとめると、

「平成最後、あなたはどう過ごす?」というテーマで、僕が考えたこと感じたこと


1. 「平成最後の」というワードは機会を与えてくれている

2. 「やりたいことリスト100」を作ってみよう!

→自分のやりたいことを明確にする

3. 時間は限られている!いますぐ動いて実体験にしていこう

→積極的に動いて実体験を積んでいく

4. 宣言や実体験を発信することで更に加速する

→意思があればそれを発信し新たな仲間を見つける

いかがでしたでしょうか。

数年前、まさか平成が終わるなんて思ってもみなかったですよね。次の年号は一体何になるんだろう…。そんなこと考えているうちに、気がつけば新しい年号になっちゃってそうですね。年号の節目を初めて経験するので少しドキドキです。

それでは、今回はこの辺で。最後までお付き合いくださりありがとうございました。

みなさんにとって素敵な平成になりますように。それではまた♪

「シェアする」ボタンを押して、
やりたいこと100リストを作ってみよう!〜平成最後の年、あなたはどう過ごす?〜を応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!