「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

団体紹介

カンボジアでの図書館建設に至るまでの経緯③

IUYL (ボランティア)

1週間前

  • 17
  • ページビュー数
    66

私たちは先生方の負担を軽減し、教育機会を増やすこと、子どもの興味関心を沸かせる学習方法を考え、

プロジェクターによるネット配信授業を試みました。

しかし、私たちは彼らに自分たちのやりたいことを押しつけているだけなのだと気づかされました。

こうあってはいけない、まず現地のニーズがあり、それに答えていくことが私たちのあり方なのだと大切なことに気付き、現地の先生と腹を割って話す中で聞くことができた本当のニーズが、図書館だったのです。

 


KFKO学院のニーズ

<教師不足>教えられている教科が英語のみ

→他の科目の知識を学ぶ機会

 

<教材不足>文字を読む機会がない(少ない)

→言語のアウトプットを行う機会

 

<教室の不整備>乾季の熱さは生徒たちの集中力を削ぎ、雨季は雨が教室の中まで入ってくる

→気候に邪魔されず、授業を行える場

なぜ図書館?

・図書館があることで先生がいない間も子どもたちに自立的な学習機会が生まれる

・自分の興味あることを自分のペースで学ぶことができる

・学校に心地の良い自習の場を作り、子どもたちの教育環境を改善する

・知らなかったことを学び、好奇心の探求への積極性が期待できる

・英語の本を読むことで学校で学習した英語知識をアウトプットする機会となる

→希望にあふれる子どもたちの「現在、そして将来の選択肢を増やす」機会づくりに貢献する。

 

私たちの思いをクラウドファンディングに託し、12/28日無事目標金額を達成しました!!

ぜひチェックしてみてください!

https://camp-fire.jp/projects/view/51468

 

メンバー一同、3月の渡航に向け準備に勤しんでいます!!!

 

「応援する」ボタンを押して、
カンボジアでの図書館建設に至るまでの経緯③を応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

このニュースを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

この団体を応援する

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、
協賛確率がUP!

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このイベントを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このキャンペーンを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このページを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。