「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

コラム・記事

フィリピンで国際協力するならfan×fun?

fan×fun (ボランティア)

2か月前

  • 0
  • ページビュー数
    45

 

こんにちは!

学生ボランティア団体fan×funです!

今回は
①fan×funってどんな団体?
②フィリピン・セブ島のスラムでの活動事例
③fan×funの魅力
④国際協力をやってよかったこと
⑤国際協力を志す人たちへ
について話していこうと思います!

 

 

①fan×funってどんな団体?
fan×funは
「楽しさで背中を押す」
という理念の基、2016年に設立され、現在21人で活動している学生ボランティア団体です。

自然溢れる相模原市とフィリピン・セブ島のスラムを舞台とし、2つの部署に分かれて活動を行なっています!
国内部:地元の子どもたちに相模原市の良さを知ってもらう自然体験イベント
国外部:セブ島の都市スラムで、現地に寄り添ったコミュニティ開発と小学生のキャリア教育


世界一周のマゼランを倒したラプラプ王の像

 

 

②フィリピン・セブ島のスラムでの活動事例
fan×funの本格的な活動は
2018年2月の渡航から始まり、
2018年9月に第2回フィリピン渡航、
そして、2019年2月に第3回フィリピン渡航を行ってきました!

私たちは 現地に必要とされるボランティア を行いたいと考え、
調査→企画 という流れと、持続性を大事にしています。

このような想いから行ってきた調査の結果を基に行った企画を2つ紹介します

⒈Steps to Dreams
Steps to Dreamsとは、「小学生たちに、自分の夢と夢に向けたStepsを書いてもらい、それをすごろくにして、楽しみながら自分の将来について考える」企画です!

このプロジェクトは
『フィリピンの子どもたちは学校に来なくなる・来れなくなる可能性を大きく孕んでいるから』
『身近な職業を夢としている生徒が多いから(※地域差あり)』
背景に、

『自分の夢を見つめ直し、なぜ今学校に来ているのか、どう達成できるかを考えてもらうため』
『友達の夢を知り、多様な選択肢があることを知ってもらうため』
目的に企画しています!

結果として、
参加生徒達の満足度は『100%』
生徒の声「夢を追い続けるよ!」
現地スタッフの声「楽しく夢について考える時間を作ってもらえてよかった」(意訳)
というふうに、楽しむ×夢を届けています!



⒉ゴミ箱設置プロジェクト
ゴミ箱設置プロジェクトとは「ゴミに関する教育、ゴミ拾い大会、ゴミ箱のペイントを行い、そのゴミ箱をスラムに設置する」企画です!

このプロジェクトは
『 住民たちの声の一つに、「ポイ捨てを無くしたい」があったこと』
『 ゴミのポイ捨てから潜在的に考えられる健康被害があるから』
ということを背景とし、

『 子どもたちがゴミを捨てる習慣を学び、スラムをより綺麗な街にしていくこと』
目的に考えました!

結果として
ロレガ地域に10個、ホープ地域に6個設置
2019年2月に始めたものなので、今後も引き続き、行っていきます!
現地でのポイ捨て状況の経過を見つつ、どう持続的にしていくかを今後検討していきます!



 

 

③fan×funの魅力

☆スラムに焦点を当てている
都市にあるスラムでは、人口が密集し、ゴミ問題やドラッグが蔓延しているような状況です。私たちはそれらの地域の課題に向き合い、活動しています。

☆0から作っている団体
2016年に、ただの大学生たちが、自らボランティアをしたいという想いで、設立された学生団体です。そのため、活動に関する5W1Hを全て学生自ら決めています。


活動しているスラム、ロレガ

 

 

④国際協力をやってよかったこと

国際協力をやって良かったことは、絶対出会うことの無かったであろう 素敵な人たちと出会えた ことです。

現地パートナーや、スラムのお母さん、子どもたち、同世代の若者たち、学校の先生たちなど、たくさんの素敵な人たちと出会ってきました。

彼らはいつも当たり前のように迎え入れてくれ、
時には、誕生日サプライズでケーキを出してくれたり、
時には、体調が悪そうだから、遊ぶのは止めて寝ようって心配してくれたりします。

彼らは優しく、愛情深く、家族のように接してくれ
自分の心を灯してくれる温かさ を持っています。

そんな温かさを持っている素敵な人たちに出会えたことが、国際協力をやって良かったことです。

素敵な人に出会える

それが国際協力の魅力だと思います。


 

 

⑤国際協力を志す人たちへ

一歩踏み出してみましょう。

確かに一歩新しいことに踏み出すのって、すごく怖いです。

ただ、一歩進んでみないと、今見ている景色と変わりません。
逆に一歩進めば、全く違う世界が見えるようになるかもしれません。

私たちは一歩踏み出し、「現地に本当に必要なこと」を届けようとメンバー皆が本気で考え、活動しています。

一歩踏み出し、一緒に現地の方たちにとっても私たちにとっても最高のボランティア を一緒に作っていきませんか?

「シェアする」ボタンを押して、
フィリピンで国際協力するならfan×fun?を応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!