「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

役立ち情報

【前編】マレーシアに留学しよう!~学生ビザA to Z~

Table For Two Waseda (ボランティア)

5か月前

  • 4
  • ページビュー数
    259

こんにちは!マレーシアに交換留学中のTFT Waseda代表です◎
今回は、マレーシア留学のための学生ビザの取り方についてご紹介します!

「留学に興味はあるけど、具体的にどんな準備をしたらいいの?」
「マレーシアに留学しようか悩み中……」
「そもそもビザって何?旅行の時はいらなかったけど……」

マレーシアや留学についてこんな悩みや疑問を持っている方、必見です👀✨

 

TFT Wasedaの前回の記事はこちら↓

【復活後初】TFT Waseda活動レポート!!
https://tasukake.weban.jp/archives/groupnews/%E3%80%90%E5%AD%A6%E7%94%9F%E6%B3%A8%E7%9B%AE%EF%BC%81%E3%80%91tft-waseda%E3%80%81%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%AB%E5%BE%A9%E6%B4%BB%EF%BC%81%EF%BC%81

 

⚠本記事はライターの体験に基づいて書かれており、ビザに関する情報はすべて2018年9月以前のものです。実際にビザを取得する際はご自身で留学プログラムの内容やマレーシア大使館HPの最新情報をご確認の上、慎重に手続きを進めてください。

当メディア及び当団体・ライターは、本記事を参考にしたことによって起こった損害等に対する一切の責任を負いかねます。予めご了承ください。

 

★ビザって何?
【ビザ(査証)とは】
ビザとは別名「査証」とも呼ばれており、他の国への出入国・滞在の際に取得が必要な場合があります。渡航先の国の駐日大使館がパスポートのページにステッカー又はスタンプ(国によって異なります)の形で押してもらいます。

ビザには渡航先で働くための「就労ビザ」、大学などで勉強するための「学生ビザ」、入国のためだけの「シングル・エントリー・ビザ(SEV)」などいくつか種類があり、滞在の目的や期間、渡航者の国籍によって必要なビザが異なります。

本記事では①日本国籍の大学生が ②マレーシアに ③長期留学する際に必要なビザについてご紹介します✈

 

【マレーシアのビザについて】
日本国籍の学生がマレーシアに留学する際に必要なビザにはシングル・エントリー・ビザ(Single Entry Visa/SEV)学生ビザ(Student Visa)の二種類があります。

日本国籍の学生は渡航前にSEVを取得してマレーシアに入国し、大学に到着した後さらに書類提出などの手続きを重ねてようやく正式な学生ビザを取得することができるのです。

 

★ビザ取得の流れ
ここからは、実際にビザを取得するまでの流れを時系列でご紹介します!📅
※時期やプログラムによってスケジュールは異なりますので、あくまでも目安としてお考えください。

 

【2017年10月~12月】
私は早稲田大学の留学センターが提供する協定校への長期留学プログラム(交換留学・2セメスター)に応募しました。このプログラムは、英語を使って現地学生と同じ教室で学ぶことを目的としています。
まず、大学の成績や語学力検定(TOEFL、IELTS)のスコアをベースにした学内選考を経て留学候補者に選抜されます。ここではまだ正式に受入が決定したわけではなく、あくまでも早稲田大学の代表として選ばれたに過ぎません。

 

【2018年3~6月】
次に、留学センターのコーディネーターの方にアドバイスをいただきながら留学先大学に受入許可をもらうための手続きを進めます。私の場合は、留学先大学の専用ポータルサイトを通して個人情報登録・必要書類の提出・履修希望の申請などを行いました。申請内容が承認されると、数週間後に大学から受入許可書(Offer Letter)が発行されます(紙の原本は送付されず、データを自分でダウンロードしてプリントアウトしました)。

そして、ここでようやくマレーシア政府が管理するビザ取得用のサイト(Education Malaysia Global Service (以下EMGS): https://educationmalaysia.gov.my/
への案内が届きます。

EMGS個人ページのホーム画面。ここでもアカウントを作成し、個人情報の登録・書類の提出を経てSEVの申請を行います。


なお、ビザのために受入先大学や渡航先の当局と連絡を取ることが許可されたのは、正式に受入が決定し、Offer Letterが発行された後でした。

ここからは基本的にEMGSから直接メールが届き、指示に従って手続きを進めていく形になります。疑問点等があれば先方にメールで直接質問することもできました。

手続き自体は慎重に進めれば大きな問題はないのですが、提出した書類に

⚠Offer Letterに大学のロゴマークが含まれていない
⚠写真の背景の色やサイズが指定と違う
⚠ファイルの拡張子が指定と違う

などの不備があると申請が承認されず、受入先大学を介して再提出が求められるなどプロセスが複雑になってしまうこともあるのでご注意ください。

手数料はMR(マレーシア・リンギット)525.30=±15,000円で、私はクレジットカード決済を選択しました。支払いが完了するとマイページ上またはEMGSからのメールで支払い証明書(Invoice)が届きます。この証明書はマレーシア入国後の学生ビザ申請に提出を求められる場合がありますので、プリントアウトして大切に保管してください。

なお、手続きの進捗は上記サイトの”Track My Application”またはスマートフォン向けの無料アプリEMGS CONNECTで最新の状態を確認することができるので、ぜひ活用してみてください◎

専用アプリ “EMGS CONNECT”。手続きの進捗をリアルタイムで表示してくれます


 

そして7月半ばにビザ承認レター(Visa Approved Letter/VAL)が発行され、ようやく大使館に行く準備が整います!!👏👏

(VALに関してもOffer Letter同様原本は発送されず、e-VALという電子版をプリントアウトしました)

 

★おわりに&次回予告

いかがでしたか?ビザ申請の手続きは基本的にオンラインでのやり取りになりますが、やってみるとなかなかトラブル続きで大変です💦

さて、後編は大使館での手続きとマレーシア入国後の流れについてご紹介します◎

お楽しみに👍✨

 

★参考サイト・関連リンク

Embassy of Malaysia in Japan (駐日マレーシア大使館)

http://www.kln.gov.my/web/jpn_tokyo/home

 

Education Malaysia Global Service (EMGS)

https://educationmalaysia.gov.my/

 

在マレーシア日本国大使館

http://www.my.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

アーク・スリー・インターナショナル

https://www.arc3.co.jp/

「応援する」ボタンを押して、
【前編】マレーシアに留学しよう!~学生ビザA to Z~を応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体を応援する

Loading...

このニュースを応援する

Loading...

このイベントを応援する

Loading...

このキャンペーンを応援する

Loading...

このページを応援する

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!