「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

活動レポート

世界にたった一人のボンドアーティスト 新たな作品を生み出すコツを学んでみた

Loqui (キャリア/教育)

7か月前

  • 44
  • ページビュー数
    36


049限目「冨永ボンド」学


アーティスト

~夢は生きがい~

1983年生まれ 福岡県出身

福岡デザイン専門学校でファニチャーデザインを専攻。26歳でBond Graphicsを設立し、現在は『BOND DESIGN』『冨永ボンド』『BOND STORE』『Art Studio ボンドバ』4つの事業を運営している。活動拠点も佐賀県に移し、アーティスト活動と並行して、西九州大学リハビリテーション学部で教職員も務める。創作テーマ「つなぐ(接着する)」に基づき、作品は全て木工用ボンドを使って描く。画を描く作業の大切さをより多くの人に伝えるため、「即興絵画パフォーマンス」や「アートセラピー」「アートでまちおこし」「世界のアートフェス挑戦」と幅広い分野で活躍中。


今回取材させていただいたのは、世界にたった一人のボンドアーティスト、冨永ボンドさん。アートや色彩に関する教育は受けたことがなく、ボンドさんが描く作品は、全て独学で生み出されたものだそうです。また、医療の分野でもアートセラピー体験の講師として活躍され、特に精神医療の現場で活動されています。この独特な世界観は一体どのようにして生み出されてきたのか、これまでボンドさんの歩んできた道を語っていただきました。
関連URL:http://www.bondgraphics.com/

「応援する」ボタンを押して、
世界にたった一人のボンドアーティスト 新たな作品を生み出すコツを学んでみたを応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体を応援する

Loading...

このニュースを応援する

Loading...

このイベントを応援する

Loading...

このキャンペーンを応援する

Loading...

このページを応援する

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!