「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

世界共通語

Loqui (キャリア/教育)

9か月前

  • 60
  • ページビュー数
    71

041限目「あんちゃ」学

下ネタは世界共通語 クソマジメゲスブロガーに学んでみた

ブログ界で活躍するクソマジメゲスブロガー

~オープンになって下ネタ話そう~

 

1991年生まれ25歳 北海道出身
大学を卒業後、上京してIT企業に就職。しかし、家と会社を往復する人生に飽き退職。現在は、「下ネタは世界を笑顔にする」をモットーに、ブログ界で活躍するクソマジメゲスブロガー。



今回インタビューさせていただいたのは、“あんちゃ”こと二上杏奈さん。ブログ≪まじまじぱーてぃー≫を運営し、開設から4ヶ月で月間35万PVという数字を叩き出している、現在話題沸騰中のプロブロガーです。あんちゃさんが、会社を退職したキッカケや想い、また「下ネタは世界を笑顔にする」という言葉の真意とは。 041限目のあんちゃさんに迫ります。

 

―ブログの内容は、はじめからゲスブログだったんですか?

いや、はじめは特に書きたいことがなかったです。だけどせっかく書くなら、まわりの人たちが『読みたいなー』と思ってくれるようなブログを書きたかったんです。そのときは、コミュニケーションスキルについて勉強していたので、それについて記事を書いていました。でもマジメに書いても誰にも見てもらえなくて…。わたしに“マジメさ”は求められていないんだなと気づきました。
そこからあるとき、たまたまバレンタインデーが近かったので“バレンタインに勘違いする男の特徴3つ”について書いてみたら、すごくウケたんです。その記事がバズった(=話題になった)のをキッカケとして、今のゲスブログになっていきました。

 

下ネタは世界を笑顔にする

―あんちゃさんは学生の頃から下ネタについて考えていたんですか?

きっかけは、高校のときに吹奏楽部に所属していたことですね。吹奏楽部ってやっぱり部員のうち9割が女子なんですよ。だから必然的に、恋愛トークで盛り上がるんです。元カレがSM好きだったり、家で親がいるときに〇〇をするときの対処方法だったりとか。そんな話ばかりしていて、下ネタを学んだのが始まりですかね。

―あんちゃさんは下ネタについてどう考えていますか?

下ネタは、本当に世界を平和にすると思っていますね。日本は下ネタを隠す文化があるから、そういう話をするのってみんな気遣っちゃうじゃないですか。でも私が下ネタを話すことによって空気は和むし、これだけ私がオープンにすればまわりの人も“自分も言っていいんだ”ってオープンになれると思うんですよ。わたしはもっとマジメに、真剣に、性について受け入れる女性が増えればいいなと思います。だからみんなもっとオープンになるという姿勢が大切だと思います。みんながそんな姿勢になれば、下ネタは世界を平和にすると思っています。

 

※41限「あんちゃ」学から抜粋しています

関連タグ

「応援する」ボタンを押して、
世界共通語を応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

このニュースを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

この団体を応援する

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、
協賛確率がUP!

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このイベントを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このキャンペーンを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このページを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!