「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

PR・告知

代表・現地コーディネーターより

国際協力学生団体KIVO (ボランティア)

7か月前

  • 32
  • ページビュー数
    84

今年度のKIVOの代表・そしていつも私たちの活動を支えてくれる現地コーディネーターからの挨拶をご紹介します!

『会いに行けるアイドル』というコンセプトの下活動を続けるアイドルがいるように『会いに行ける国際協力』これこそが私たち学生にできる国際協力の強みではないかと私は思います。

渡航費も決してタダではありません。普段の活動にかける費用もタダではありません。そのお金を送ればいいじゃないか、学生が行ったって何ができるんだ、それって本当に国際協力なのか、多くの意見を頂きます。
私もそう思います。このような活動を代表として行う中でもそのような私を思いがしばしば襲うことがあります。私たちがこんなに時間と労力を費やす価値はあるのか。正解のない活動に何度も挫けそうになりました。そして今後も間違いなくそれは襲ってきます。

ですが、その度に私の脳裏に浮かぶのは支援先の人々の笑顔です。彼らに会いたい、会いに行きたい、彼らにとって私たちの活動が一生心に残るものでありたい、その想いが私を突き動かしています。そして今年も来年も私たちは彼らに会いに行きます。

私はこれまでに支援先であるガイクール村に三度足を運びました。その度に感じるKIVOの軌跡と多くの愛をこれから渡航をしていく後輩たちも感じてくれたらと思います。答えも正しい解き方も存在しない国際協力ですが、確実にそこに存在しているガイクール村の人々、そしてかけがえのないメンバーと共に悩みながらも進んで行きたいと思っています。一人の百歩より百人の一歩を大切に。

そして、国際協力学生団体KIVOのホームページに辿り着き、このメッセージを今読んでいる皆様に心から感謝致します。


9期 代表 梶崎真苗


 
Dear Student & Volunteer,
Me here, SUSIL PANT , born Gaikhur-6 Palumtar district in year 1976. After finishing my degree, I am involving in tourism since 1999AD. When I was childhood, I need to travel one hours & 30 minutes to go my primary school at Gorkha.
Because of my childhood bad experience of Nepal education system & opportunity for education, I wanted to change something for new generation.
In the same time, with help my cousin brothers Kabindra Pant, who lived in Japan, I had met two young Japanese student name- Takanobu Takeuchi& Ideda who were studying in Keio University in Japan. I have shared them my interest to support Nepalese student in government school of Nepal & we have founded one volunteer organization in year 2009AD- Which name was KIVO.
Childrens are pillars of nation in each country, they can change community, national & world, i am aware about it, so far, the situation of children were worst even world turned 21Th century. In order to make change many government school of Gorkha & their children, I porpose to support KIVO & heping those people in Nepal.

KIVO itself very popular project for bridging Japanese student & Nepali student in history of both country. Its a very good project to exchange & share ours culture in grass root level. Now almost 500 KIVO Volunteers servce those nepalese communities, it is very helpful to change themselves. They supporting their education & empowering them to be better person in future. Since 2009Ad, we have launched 2 program each years, it was amazing time with them. I could see much more smile of volunteer when they go community & support them. All volunteers, having their good time & holiday with local, its makes me very happy & THEY HAD FACED a bit hard time & difference of culture & people in Nepal.

I think always, because of KIVO project, there are many chances to be together Japanese & Nepali people at one place . Share a idea & views, exchanging the culture, supporting community & children, guide the way of development in local level, its a kind of home stay base tourism in Nepal, it is playing vital role. I wish, that this project can be run & take a glorious importance in history. I thought, this type of project can be run hundreds & hundred years from Japan to Nepal & Nepal to Japan. People can remembers all of us in History.
Time to time. we must cage the mission goal of project & keep going this project un future. I always be proud of founder co coordinator of this project. I am always happy to support this project in my life time.

Thanking you so much for founders, all past leaders, member leaders, members, supporters & well wishers of KIVO project since beginning to till now.

Susil Pant

「応援する」ボタンを押して、
代表・現地コーディネーターよりを応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体を応援する

Loading...

このニュースを応援する

Loading...

このイベントを応援する

Loading...

このキャンペーンを応援する

Loading...

このページを応援する

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!