「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

コラム・記事

大学では教えてくれないココだけの話:「人を褒めることで生まれるメリット」

ライターの集い (メディア)

3か月前

  • 1
  • ページビュー数
    296

こんにちは!ライターの集いのよねちゃんです。



突然ですが、みなさんは周りの誰かを褒めたりすることが日常でありますか?

逆に褒められる方が多いという方も多いのではないでしょうか?

 

「褒められること」これは基本的に嬉しいものです。

そりゃ人には、わずかでも誰でも承認欲求がありますからね。

でもこの承認欲求は、強すぎると悪い方向へ作用してしまいます。

 

実は「承認=人へ影響を与えられている」ことなので、その結果を見た上で自らの行動を是正していく社会性を構築していく上で不可欠なサイクルを作り出すために必要な欲求なのです。

 

「褒められるのが嫌!」と感じる人もいるかもしれませんが、きっとそれは

媚びを売られている!」と感じるからだと思います。

 

というような「褒めること」のメリットと注意点について今回は紹介していきます!

 

まずは人を褒めるときの注意点についてです!

 

人を褒めるときの注意点



自分も実は注意しているのですが、誰が見ても分かるような相手の良い所を褒めるのはできるだけ避けるようにしましょう!

人は他人に見せていない姿や言われ慣れてない部分を自分の本質だと捉える心理的傾向があります。

素直に褒めることは良いことですが、見た目そのままの良い所を褒めると「媚びを売っている」と感じられてもおかしくはありません。

 

注意点は以下の2つです。

①    過度にほめ過ぎない!

②    他人とは比較しない!

 

褒め方と褒めるメリット



人を褒める際には見た目以外の部分を褒めましょう!

例えば、人間性・能力・行動・雰囲気・考え方・信念・志などです。

自分もですが、外見よりも内面や能力を褒められた方が相手は自分の本質を見てくれていると感じやすいです。

テクニックとして、意外と」「実は」「本当はなどを使ってもいいかもしれません。

※ただし、使い過ぎに注意してくださいね!

 

さて次は、褒めることの自分へのメリットです。

今回は分かりやすくまとめてみました!特にしたから2つ目の「自分の成長に繋がる」が大事です。

 

相手のことを褒める



相手との距離が縮まり仲良くなる



自分の印象が良くなる


(褒められると嫌な気持ちにはなりません。褒められることで相手は自分に良い印象を抱くようになります。)



自分の観察力が鍛えられる


(その人の良さを考えるようになるので、観察力が上がり、視野が広がります。)



☆「自分の成長に繋がる


(ここが大事!人を褒めることにより自分にはない良さに気づくコトがあります。人の良さに気づき、自分にも取り入れることで自分の成長に繋がります。)



自己肯定感が高まる


(相手を褒めた時に幸せな気持ちになったことはありませんか?まさにそのことです!)


 

実は相手を褒めることで自分にメリットが返ってきます。

端的に言うと、「好意の返報性」(好意を受けたことで、相手にそれを返したくなる心理)ですね。

 

褒めることの脳科学的メリット



(Photo credit to Mai Tanibata)

脳科学でも褒めることにメリットがあることが証明されています。

人は褒められると、脳内で「ドーパミン」と「セロトニン」が出ます。

ドーパミンは快楽を生み出すホルモンで、セロトニンは心に安らぎを与えるホルモンです。

 

褒められた人は脳内の神経が刺激されドーパミンが出て大きな幸福感でいっぱいになり、さらにセロトニンが分泌されることで心が穏やかになるといった仕組みです。

 

特にドーパミンは強い快感のため、褒められた側は「この快感をまた味わいたい!」と思い、さらに頑張れるようになります。

 

簡単に言うと、やる気が上がり前向きになるので、褒めることはとても素晴らしい

ということです。

 

ナルシストと自分で自分を認めることは違うので、自分で自分を認めることも大事です。そうすると立ち止まらず、前に進みやすくなります。

 

まとめ

褒めることは意外に自分にもメリットがあり、注意しなければいけない点が多いです。無意識に注意すべき点ができていなければ意識して注意してみてください。それだけで今その瞬間から大きく変わります!

ちなみに自分は、主に3S(すごい、すばらしい、さすが)を使うことと3つのポイントに気を付けています。

①    「具体的に」褒める!

②    「すかさず」褒める!

③    目標は「低く」する!

 

褒めることで喧嘩やトラブルは思うより早く解決します。

何かうまくいかないなと思った時やポジティブになりたい、と思った時はぜひ使ってみてください!



(Photo Credit to Mai Tanibata)

感謝の言葉、「ありがとう」も効果的です。

----------------------------------------------


ーーーこの記事を書いた人ーーー



□ 米川大貴(よねかわだいき)


青森県出身、秋田の大学に通うライター兼導き人。世界一周や8つの学生団体、複数オンラインサロンに所属後、導き人として昨年夏から高校生から社会人85人の悩みを解決。趣味は読書と対話とカフェ巡り、そして旅と星空観察。お問い合わせ・お仕事のご依頼、悩みの相談は各SNSのDMからお願い致します。



< SNS情報 >


◎Twitter :@yonechan0521


◎Instagram:@daikiyonekawa


◎Facebook:「Daiki Yonekawa」で検索!


 

「シェアする」ボタンを押して、
大学では教えてくれないココだけの話:「人を褒めることで生まれるメリット」を応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!