「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

※運営会社の変更に同意したことと見なします。

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

コラム・記事

大学生必見!学部別女子あるある7選

Chot★Better (メディア)

8か月前

  • 3
  • ページビュー数
    2162





大学では不思議と学部ごとに女子の特色が現れてくることもしばしば。そこで、Chot★Betterが京都大学を中心に分析した
文・経済・法・薬・工・理・農学部女子
の特徴をご紹介!

・文学部

落ち着いた色の服を着ていることが多く、素朴で可愛い子が多い。
一人の時間を好み八百万の事象に思いを巡らす一方、おしゃべりも大好きでクセの強い人生観を話すこともしばしば。
精神的な辛さに敏感で、付き合うことが困難なことも。
経済学部

意外と女子が少ないが、精鋭ぞろい。
知性、コミュニケーション能力、女子力、どこをとってもSクラスの総合力で攻めてくる。
可愛い外見に惹かれて安易に近づこうものならただの怪我ではすまないだろう。

法学部

むせ返るほどのリア充感を醸し出すキラキラ系女子が多い。
パステルカラーのニットとフレアスカートが制服。
眩しすぎるあまり真の姿は基本的に確認できないが、試験期間にのみ学習室にて化けの皮が剥がれる。

薬学部

薬学部棟という砦に隔離されている希少種。
遭遇率は極めて少なく、その生態は謎に包まれている。
薬学部女子を肉眼で確認することができないまま卒業してしまう人も少なくない。

工学部

デザイン系の学科では、めくるめくアーキテクチュアルラブストーリーが繰り広げられている。
彼女らは他の工学部男子の分の青春を吸い付くし、製図室で浸りの未来を設計しているという。
デザイン系の学科以外ではそもそも女子が極めて少ない。

理学部

クーロンの法則により距離の2乗に反比例して反発する力が働くため、距離が近く、思考が似通う理学部の男女は互いに反発する。
よって理学部女子を攻略するにあたり理学部男子は敵ではない。
したがって理学部女子は狙い目である。(Q.E.D)

農学部

理系の割に女子が多く空気の浄化に役立っている。
素材も良く、外見にも気を使っているが、中身は少し変わっている人もいる。
学部内でいつの間にか彼氏を培養していることも多い。

 
いかがでしたでしょうか。偏見に満ちていますが、以外と思い当たる節があるのでは?
(以上は個別具体的な女子大生に関しては必ずしも当てはまらないことを理解した上でChot★Betterが独自に分析したものです
ので、ご了承ください。)




「シェアする」ボタンを押して、
大学生必見!学部別女子あるある7選を応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!

運営会社変更のお知らせ

平素よりTASUKAKEをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

この度、2019年9月1日(日)より、TASUKAKEの運営会社がパーソルキャリア株式会社から共同運営元である株式会社賢者屋に変更となりますことをお知らせいたします。

それに際しまして、アカウントをお持ちの利用者様に関しては、下記のお願い事項をご確認の上、ご対応お願いいたします。

<お願い事項>

  1. 【利用規約】【個人情報の取扱いについて】の内容を確認してください。
  2. 内容に同意いただける場合には下記の「同意する」ボタンを押下し、そのままログインください。
    ※この後は通常通りサービスをご利用いただけます。

8月31日(土)までに同意いただけない場合、登録情報の削除の対応をさせていただきます。
※再度ご登録いただければ、サービスの利用が可能です。

今後とも、お客様のあらゆるニーズに迅速にお応えできるようサービスの充実を図ってまいります。
引き続き、変わらぬご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

【お問い合わせ窓口】

https://tasukake.weban.jp/contact