「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

コラム・記事

学生団体に大事なノウハウとは…?

TASUKAKE運営 (オールジャンル)

6か月前

  • 6
  • ページビュー数
    130


こんにちは、TASUKAKE学生運営事務局のイッセーです!


私は、高校3年頃から学生団体立ち上げ早4年目です。


その中で経験した、「学生団体を継続させるためには何が必要か」を


自分なりに書かせていただきます!


結論から言うと学生団体に大事なことを


第1章 代表の思い描いているビジョンの明確さ


第2章「過程」を見る能力


第3章 自分の経験・想いを次に伝える事を意識する


第4章 頭は冷静に、心は熱く


の4つに分けて書いてみました!


※スキル的なのは除いています。



第1章『代表の思い描いているビジョンの明確さ』


 

学生団体の代表は、会社の社長とは違って「自分たちで代表を決める」ことが殆どだと思います。

その中で、代表はどれだけ思いを語り続けられ、よりリアルな未来を見せられるか

が求められると思っています。

この記事を見てくださっている方のでも共感していただけるかもしれませんが、

好きでやりたくて始めた学生団体でも、「決して楽ではない」です。

好きなことを叶えるための我慢をしなければならないときがやってきます。

そんな時でも、どれだけ仲間に共感してもらえるビジョンを語り続けられるか?

これは重要だと思いました。

 

実際、私自身代表という立場ですが

団体にとって一番大変な時に、メンバーのモチベーションを上げることは至難の業でした。

しかし、一番大変な時だからこそ「常にその先にある結果・未来を語りまくる」ことで、

大変な時であればあるほど、反骨精神で力が発揮できるようになります。


第2章『「過程」を見る能力』


 

どの組織も、最終的に求められるのは「結果」です。

結果が伴わなければ、過程を見てもらうことすら叶いません。

これは、私の教訓の一つなのですが

「努力をどれだけしていても、結果が出なければやっていないことと同じ」

 

だけど、代表もメンバーも一番本気で時間を費やしているのは「過程」に当たる時間です。

結果が出なかったとき、一番つらいのは「本気でがんばってきた人」です。

だから

 

結果を称賛するのは、世間や周り。


それならば過程を認めてあげられる人になる


 

しかし、何もしていない人を褒めても自分にとっても相手にとっても成長はありません。

だからこそ「第1章」のことでメンバーをより本気にし、取り組んでもらう。

本気で取り組んで失敗したときに、その過程を認めてあげられたら

「次へのモチベーション」につながると私は信じています。


第3章『自分の経験・想いを次に伝えることを意識する』


 

「学生団体は3年で潰れる」

学生団体をやっていて一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?入れ替わりが激しい学生が作る組織は、初代の代表が団体を出てすぐに潰れてしまうことが多々あります。

だがそんな中でも5年10年続いている団体もある。その違いはなんでしょう。

 

それは恐らく、「継続を意識していたか否か


 

もしも、あなたの団体が継続を意識しているなら

一人ひとりが継続するために、今自分は何をすべきか。考えるきっかけになると思います。

私が個人的に気にしていることは、

「団体が大事にすべき軸を伝え、新しい代表にその人なりの想いを軸に張り付けて行ってもらう」ことです。

 

変化すべきところは変化し、団体が引き継ぐところは守る。

そうやって、そうすることで常に進化し続ける団体になり

 

残り続ける団体になるのではないでしょうか?


 


第4章『頭は冷静に、心は熱く』


 

某アニメのキャラクターのセリフが一番当てはまっていたので、採用しました(笑)

「頭は冷静に、心は熱く。」個人的にかなり重要です。

学生団体の代表をやって4年目。

団体として良い流れの時・悪い流れの時両方ありました。

 

団体のメインのイベント等があるときは、メンバー全員がモチベーションが上昇中ですよね。

しかし、そういう時は「案外周りを見失いがち」です。

凄いスピードで物事が進んでいるからこそ落ち着いて、広い視野で物事を見る人が必要です。

めっちゃ想いは強いし、心は熱い人だからこそ!

頭は冷静に見ることが出来れば、より普段見えないポイントに目が行き

一回のイベントの濃さが増すのではないでしょうか?

 

このような形で、簡単に私なりの


4つの学生団体に必要なノウハウでした!


 

「応援する」ボタンを押して、
学生団体に大事なノウハウとは…?を応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体を応援する

Loading...

このニュースを応援する

Loading...

このイベントを応援する

Loading...

このキャンペーンを応援する

Loading...

このページを応援する

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!