「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

団体紹介

学生団体総選挙を控えて💪🏾

学生団体I-RIS (ボランティア)

6か月前

  • 139
  • ページビュー数
    1034

 

 

初めまして!京都・大阪を中心に活動している学生団体I-RISです!

関西の学生が集まり、ラオスの教育支援を軸に、様々な活動を行い、それを通して「個々の成長」を理念に掲げ活動しています。主な活動は、月1日のミーティングと街頭募金、年2回の支援先の小学校を訪問するスタディーツアー、年1回のチャリティーイベント(この収益が主な教育支援の資金)、この3つです。
では、私たちがなぜラオスの小学生のために本気になって活動しているのか。そこには大きな2つの理由があります。

 

一つ目は現地の小学校に訪問することで活動のモチベーションをあげています。私たちが 小学校を訪問するたびに子どもたちは私たちのところに走って来て、名前を呼び、手を引っ張ってくれます。通訳さんを通してですが、夢を語ってくれます。勉強がしたいと訴えてくれます。私たちよりキラキラした目をしています。私たちが当たり前に使っているノートや鉛筆をプレゼントすると、手を合わ せて、コプチャい(ありがとう)と言ってくれます。

 



私たちが何かを与えようと毎回訪問しているのですが、毎回子供たちから与えられるものもたくさんあります。その中で私たちも成長してきました。だから、私たちは子どもたちとの関係を、支援する側・支援される側という関係だけではなく、国籍や年齢の壁を超えた友達だと認識しています。勉強がしたい、夢を叶えたい、でも環境 がないと苦しんでいる友達を目の当たりにしてなにもしないわけにはいかないのです。子どもたちに何を伝えることが大切なのか、もっと広い視野を持ってもらうにはどうするべきか、時にはなぜ貧困が生まれるのかということにも向き合いながら日々活動しています。

 







 

もう一つはメンバーと深い絆を築くことで、活動にさらなるやりがいを感じることができるということです。 私たちがラオスの小学校を訪問する際、タイからラオスに入り、またタイに戻ってきて日本へ帰るという風に、10日間以上の間、メンバーと生活を共にします。食事も睡眠も観光も全てともに行動します。夜な夜な国際協力について語り合ったり、もちろん大学生らしい話もします。そのように本気で信頼しあって、付き合える関係ができてきました。I-RISをメンバー全員の居場所にし たいという現代表の想いもあります。最高学年が引退する11月のイベントに向けてさらなるチー ムワークの向上に努めていきます。





 

今後のビジョンとしては、現在学生団体I-RISとしてラオスに3つの小学校を建設に成功してきたのですが、まず、その3つの小学校に付帯設備をつける支援を行いたいと思っています。ただ校舎を建てるだけでは子どもたちが快適に勉強できるとは言えません。そこで、学校に何が足りていないか、子供たちは何をしたいのか、何が欲しいのか、などを通訳さんを通し、実際に現地の生徒、先生、村長さんに直接聞いて、帰国後にメンバー同士で真剣に問題に向き合い、話し合い、次の支援に繋げるということをしています。子どもたちが裸足で走り回って危ないという ことから、グラウンド整備、子どもたちが本を読みたがっているということから図書室の設置等、 少しでも子どもたちの学校生活が充実するように支援していきたいです。寂しいことではありますが、いつか支援してきた3校が、私たちや、NPO法人の支援なしに学校を運営できるように願っています。もちろん、4つめの小学校の建設も考えています。

 

また、多くの日本の方にラオスの教育の現状を知ってもらいたいという思いもあります。 私たちが中高生のころラオスという国すらあまり知りませんでした。まだまだ認知されていない証拠だと思います。もっと多くの日本の方に知ってもらうことで、私たちと同じよ うに「なにかしてあげたい」という想いを少しでも多くの方にもってもらい、言わば、チャリティー ブームのようなものを日本中に起こせれば良いなと思っています。そこで5月には大阪の樟葉とい う街のお祭りに参加させてもらい、募金ブースを設置し、ステージで活動やラオスの教育の現状について語らさせてもらいました。このように少しずつですが、ラオスの教育環境のことを多くの方に知ってもらいたいと思っています。



 

今回学生団体総選挙にエントリーさせてもらった一番の理由は上で書いたように、一人で も多くの方に私たちの活動、ラオスの教育の現状を知ってもらいたいということです。知ってもらう人が増えれば、その中からなにかチャリティーに参加する人が出てくるかもしれない、そういう人が増えれば今度は主体的に動く人が出てくるかもしれない、最終的には多くの子どもたちを 救うことができる、そう信じています。ですので、これを読んでくださる企業様方、私たちの支援には資金が必要不可欠なので、もちろん金銭協賛のお話も頂ければ幸いですが、それよりも私たちの想いに共感してくださり、日本の多くの方にラオスの現状を知ってもらえるように共に発信していただければ嬉しいです。今回の総選挙の目標は、もちろんグランプリを獲って、日本中の人に私たちが誇りに想う学生団体 I-RISを知ってもらいたいです。そして誰かの心に響いて、誰かのためになるようなプレゼンテー ションをできればいいと思っています!応援よろしくお願いします!

 

関連タグ

「応援する」ボタンを押して、
学生団体総選挙を控えて💪🏾を応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体を応援する

Loading...

このニュースを応援する

Loading...

このイベントを応援する

Loading...

このキャンペーンを応援する

Loading...

このページを応援する

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!