「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

PR・告知

学生団体総選挙!!

京都Xキャンプ与謝野 (地域活性)

6か月前

  • 0
  • ページビュー数
    88



 

・なぜ活動しているのか
『行政×学生×地域住民』という特殊な活動形態で、学生の大学での学びや興味と地域の潜在的な課題や要望を掛け合わせてプロジェクト活動を行います。アウトプットをすることにより大学での学びを高次のものにし、それがゆくゆくは私たちが生きていく時代の地域未来に繋がると考えています。

 

・何をしているのか
夏と春の長期休暇期間に与謝野町という地域で約1ヶ月間滞在して活動します。その他、月に一度地域の方とプロジェクト内容の検討を行ったり、週に一度の京都市内での定例ミーティングを行っています。

実際のプロジェクト内容では、1次産業から6次産業までを全て出来る与謝野町の特性を活かし、与謝野町で学生と地域の方が共同でトマトを栽培し、栽培から商品の開発までを行うようなプロジェクトを筆頭に、『古民家のリノベーション』、『ITを駆使した山遊び』、『移動式カフェ』、『マラソン大会の開催』など「学生のやりたいこと」を地域の課題や社会的問題に掛け合わせて活動しています。

 

・今後何をしたいのか:
『20年計画』の実現です。「学生の時に当団体で活動していたOGOBさんたちが数年後、再び地域に戻り社会で培った経験を元に新たに地域の方々とプロジェクトを行うこと」を将来的にめざしております!『20年計画』という長期的な視点で捉えることにより、地域にとって本当に大切なことを行政×学生×地域住民の三者で考え続けています。

選挙にかける思い、意気込

 

大学生活は4年間、35040時間しかない!!大学の勉強やサークルの他にもアルバイト、時間もお金も使う場面はたくさんあります。その中で、私たち京都Xキャンプ与謝野は自分のできることと地域に全力で向き合うことを選びました。とても長い時間がかけて、大学も地域も世代も違う人たちと自分たちで自分たちの未来をデザインして行くということです。

近年では、社会問題を誰もが語るようになりましたが、皆未来像を語らずに解決すべき問題ばかりあげているように感じます。

問題思考の考え方というのは、問題未解決というマイナスの状態(穴が空いた地面)から始まり、解決されたゼロの状態(平らな地面)に終わります。
ゼロからプラスへの飛躍のためには、未だ存在しないプラスαの部分をイメージするための想像力と創造力の両方が要求されます。

私たちは、それぞれの先行分野や興味関心と地域社会の課題を組み合わせ、ゼロからプラスへの飛躍をし続けているのです。

学生×地域×行政、そして現在から未来までが関わり合う三次元で進行するのが私たちです。

未来をデザインすることについて、私たち学生の口から語り、私たちと同じ学生の耳にダイレクトに届くことに意味があると思います。

「応援する」ボタンを押して、
学生団体総選挙!!を応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体を応援する

Loading...

このニュースを応援する

Loading...

このイベントを応援する

Loading...

このキャンペーンを応援する

Loading...

このページを応援する

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!