「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

コラム・記事

学生団体Memoryさんのイベント行ってみた

Table For Two University Association (国際交流)

5か月前

  • 2
  • ページビュー数
    92

こんにちは!

 

2018年9月14日に

クラブデビューしましたのでそれについてご報告をします!

 

 

私が参加したのは、学生団体Memoryさんのイベント

MEMORY FESTA 2018です。

会場は 渋谷WOMB 開場は pm17:00

テーマは“変化”

 

学生団体Memory とは

【世界規模の拡大】という理念を掲げ、

「学生の可能性を広げる、一歩踏み出すきっかけ」を提供してくれる団体です。

 

そのために学生のための色々なイベントを企画実行していて、

今回のクラブイベントもその一つです。なんて楽しそうな団体…!

 

 

迷いながら会場に着くと行列があり、そこに合流しました。

 

ここで痛恨のミス

うわぁチケット忘れた...



誘われたときにチケットをもらっていたのですが、荷物を減らそうとお財布を変えてしまったせいですっかり忘れてきてしまいました

 

「あの、すみません、チケット忘れちゃったのですが入れますか...?」

列の整理をしてくれていた黒いドレスのお姉さんに恐る恐る聞くとすぐに対応してくれました!!

 

あの時の優しいお姉さん、ありがとうございました

 

 

エントランス料500円を払い、アルコール提供のために身分証明書の確認を済ませたらいざ場内へ!!

ここまでとってもスムーズで流れが完璧でした。

 

緊張しながら中に入ると見えたのは

ダーツ手形

 

ダーツをやると参加賞として駄菓子がもらえて、最高得点の人は賞品がもらえるそうです!

私は17点。ダーツが得意なかっこいい女の人になりたいもんだ。

 

奥の横断幕にはMemoryの文字とカラフルな手形が



ビニール手袋をしてカラフルなスタンプに手を浸すとジュワジュワ変な感じ(笑)

手袋を外した後もまだ感触が残ってました

 

 

服装は本当にそれぞれでした。ドレスコードも特になし。

ジーンズにスニーカーの人もいればドレスのような人もいました。

Memoryの方々は女性は黒いドレス、男性はスーツで統一していたようでした

 

私は黒いワンピースにヒールで行ったのですが

それが後後私を苦しめることに...

 

 

ここでアルコールをもらい、一通り楽しんだところで2階の方へ

2階はアルコール持ち込み禁止だったので1階で飲み切ってから。

運営の方が本当にしっかりしていて誰もルールを破らず、初めてのクラブに緊張しまくりの私も安心でした

 

 

2階のステージでは、フリースタイルバスケットボールのパフォーマー

SHAMGODさん



完璧にそろったヲタ芸パフォーマンスをする

JKさん

 

ウクレレとビートボックスで演奏する

ninja beats さん

と津軽三味線奏者の

Masanchuさん のコラボ



 

私は見たことのない方々ばかりで、とっても新鮮でした...!

特に津軽三味線の音がホール内に力強く響き渡っていたのが印象的でした。

何かを極めるってかっこいいなあ



 

そしてそして、抽選会だーーー!!!

Twitterでハッシュタグをつけて投稿した人の中から2名、チケット番号抽選で1名当たるらしいです。

ディズニーチケットかGoPro どっちかほしい。がんばれ私のチケット番号284

 

あれ、

チケット番号を呼んでも呼んでも全然当選者が現れない…

284も呼ばれる気配がないぞ…

結果的に参加者VS司会者のじゃんけんになりました。

 

(抽選会は2階で行われたのですが、1階にいた人は気づいていたのかな?)

 

私は一発目のチョキで負けましたが、じゃんけん大会は大盛り上がりでした!

 

 

 

抽選会も終わり、ここからクラブの醍醐味

DJ タイム!!!!!!!

 

煙がわーっと広がって照明がチカチカしてもう盛り上がり最高潮!!



盛り上がりやすい曲がずーっと続き、大声で歌ってみんなでジャンプ!ジャンプ!

が、私が履いてるのはヒール。

隣の人の足を踏みつけてしまうのではないか、いつ足をくじくか…いやでも楽しい!!

 

なんとか事なきを得ましたが、次はヒールなしで来ようと思いました。

 

 

最後に代表挨拶があり、ムービーが流れました。

このイベントにかける熱い気持ちが伝わってくる素敵な挨拶とムービーでした。

「学生の可能性は無限大」

本当にその通りだと思います。

何かのきっかけで道が突然開けることがあって、その道は人それぞれ違います。そのきっかけづくりのお手伝いをしてくれるのが同じ学生だなんて、ますます自分にも何か出来る気がしてきます。

 

 

私はクラブに行くのが初めてで、これまでは怖そう、耳が痛くなりそう、美人のお姉さんとチャラい人達に囲まれたら泣きそう、そんなイメージばかりでした。

 

でもこのイベントはそのイメージに“変化”をもたらしました。

クラブは音楽を 楽しむ 場所だ。

アーティストのライブとは違う、初対面の人とも仲良くなりやすい雰囲気があって、自分の好きな音楽も知らない音楽もかかっている空間はなかなかないと思います。

 

 

ただ楽しかっただけでなく、また自分の世界が広がったような感覚でした。

学生団体の人も多く、他団体とのつながりができたことも大きな収穫でした。

 

 

9代目の方々はこのイベントで引退とのことでした。

次のイベントが楽しみです。この先もずっと楽しみです。

素敵なイベントを企画実行してくれた学生団体Memoryさん、本当にありがとうございました。

関連タグ

「応援する」ボタンを押して、
学生団体Memoryさんのイベント行ってみたを応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体を応援する

Loading...

このニュースを応援する

Loading...

このイベントを応援する

Loading...

このキャンペーンを応援する

Loading...

このページを応援する

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!