「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

コラム・記事

支援先の様子【ケニア共和国】

Table For Two University Association (国際交流)

6か月前

  • 4
  • ページビュー数
    12

支援先の様子【ケニア共和国】

TABLE FOR TWOは、ケニア西部ビクトリア湖のルシンガ島とムファンガノ島内にある4つの小学校と2園の幼稚園で学校給食プログラムを支援しています。

ビクトリア湖地域:TFT支援学校

ビクトリア湖周辺地域では、多くの人々が自給自足的農業と漁業に従事してきました。しかし1950年代にイギリスが持ち込んだナイルパーチという外来種の魚が、人々の生活を激変させました。世界各地からのナイルパーチへの高い需要が、漁業を急速に発展させ、収入源を農業から漁業中心とシフトさせる世帯が急増しました。さらに周辺産業(加工業、運送業など)も広がり、この地域に暮らす多くの人々がその恩恵にあずかってきました。

その一方で、漁業の急成長は負の影響ももたらすこととなりました。ビクトリア湖固有の淡水魚が激減、絶滅し、生態系に深刻な影響が出ています。また漁業労働者が急増したため、労働環境や賃金が悪化しはじめ、自給自足的な農業も営んでいた時期よりも、食料摂取量が低下してしまうという現象が起きています。

また、漁業の拡大に伴いこの地域を起点とした人・モノの流通が盛んとなり、それに付随し女性たちが現金収入の機会としての売春婦を、生業とする環境を生み出すこととなりました。その結果、HIV/AIDSの高い蔓延率、さらに孤児の増加、といった負のスパイラルが続いています。

そのような問題を抱えるこの地域で、TABLE FOR TWOは小学校で学校給食を提供し、児童の健康状態の改善、そして教育機会の創出を図っています。

HP(http://jp.tablefor2.org/countries/countries.html )より

関連タグ

「応援する」ボタンを押して、
支援先の様子【ケニア共和国】を応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体を応援する

Loading...

このニュースを応援する

Loading...

このイベントを応援する

Loading...

このキャンペーンを応援する

Loading...

このページを応援する

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!