「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

コラム・記事

支援先の様子【フィリピン共和国】

Table For Two University Association (国際交流)

6か月前

  • 4
  • ページビュー数
    21

支援先の様子【フィリピン共和国】

給食支援地域:バライバイ地域ピナツボ山噴火被災者再定住区

TFTは、首都マニラから約130kmから離れたバライバイ地域のピナツボ山噴火被災者再定住区の小学校で、2014年6月より学校給食プログラムを支援しています。

1991年ピナツボ山が噴火し、その火山灰により田畑や居住地が埋没した結果、120万人もの人々が被災者となりました。その後政府の政策により、被災者の多くがバライバイ地域に建設された被災者再定住区に移住することとなりました。周辺地域から隔離されているこの地域では、高い失業率が大きな問題となっており、現在約60%の家庭が貧困状態にあると言われています。そのため、TFTが支援するバライバイ再定住区小学校でも、これまで多くの子どもたちが栄養失調に苦しんでいました。

現在この被災者再定住区では、ピナツボ火山の被災者だけでなく、それ以降に発生した自然災害の被災者たちも生活しています。そのため、コミュニティ内に暮らす人々の社会的地位も多様化し始め、過半数以上の貧困層と、ごく少数の経済的に豊かな家庭、という格差も発生しています。この所得格差が、コミュ二ティ内の結束力欠如を助長しています。

このような状況を踏まえ、TFTでは、子どもたちの栄養状態の改善、出席率と学業成績の向上、そしてコミュニティの結束力の強化を目指し、学校給食プログラムの支援を開始しました。フィリピン教育省が定めた小学生に対する健康基準により、「やせぎみ」「栄養失調」と診断された子どもたちへ、栄養バランスの整った給食の提供を行っています。また家庭での食生活改善のための両親への調理指導、栄養価の高い作物の安定的な供給を目的とした農業指導も実施されています。

HP(http://jp.tablefor2.org/countries/countries.html )より

関連タグ

「応援する」ボタンを押して、
支援先の様子【フィリピン共和国】を応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体を応援する

Loading...

このニュースを応援する

Loading...

このイベントを応援する

Loading...

このキャンペーンを応援する

Loading...

このページを応援する

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!