「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

活動レポート

クラウドファンディングを通じて

学生国際協力団体Michiiii (ボランティア)

12か月前

  • 2
  • ページビュー数
    242

学生国際協力団体Michiiiiとは?



私たち学生国際協力団体Michiiiiは、映画「僕たちは世界を変えることができない」の原作者・葉田甲太氏がカンボジアに建設したグラフィス小中学校の継続支援を行っている学生団体です。



活動目標はグラフィス小中学校の自立で、現地に足を運び、現地のニーズに寄り添った支援を目指しています。Michiiiiの活動は主に1年に2回のスタディツアーと、国内でのチャリティーイベントの開催を軸として活動を行っています。






Michiiiiは活動を通じてグラフィス小中学校の自立を目指すとともに、カンボジアの子ども達にずっと笑顔でいてもらいたいという想いのもと活動しています。


 どんな想いで活動しているか?




グラフィス小中学校の子ども達が今後自分の夢に向かって歩んでいく時に、少しでもその手助けになればとの思いでMichiiiiメンバーは活動を続けています。

実際に現地の小中学校を訪れ、子ども達を目の前にすると、子ども達はみんな私たちにとびきりの笑顔を見してくれます。

現地の子ども達は全力で校庭を駆け回ったり、メンバーとじゃれて遊んでいたりと、そこには子ども達の笑顔が溢れています。



しかしそんな子ども達が置かれている現状は決していい環境ではありません。親の出稼ぎで家族と一緒に住むことができなかったり、教室不足で屋外での授業を余儀なくされていたり、と様々な問題を抱えている子ども達が多くいます。

このような状況でもあの笑顔を見せてくれる子ども達に、生まれた環境によって夢を諦めたり、現状を嘆いたりしてほしくないという想いから私たちは活動を続けています。

今回のクラウドファンディング内容とは?




私たちの支援先であるグラフィス小中学校では現在、生徒数の大幅な増加により、深刻な教室不足が問題となっています。





グラフィス小中学校は午前と午後で生徒を分けて教育しています。しかし現在の生徒数は、学校の教室の数と比べて多いため、野外で授業する子供たちがでてきてしまいます。猛暑や風の強い日、豪雨の日には授業を円滑に進めることができず、満足といえる学習環境ではありません。そのため生徒の間で学習面で差がついたり、勉強に追いつけず進学できない子どもが出て来てしまうなどの問題が生じてしまいます。
このような状況の中で、私たちは教室を増設することを決意しました。



Michiiiiはクラウドファンディングを介し、不特定多数の方から資金を集めるため、「教室増設プロジェクト」立ち上げました。目標金額に届かなければ頂ける金額は“0円”という厳しい条件の中ですが、2ヶ月間で目標金額100万円を目指し、子供たちのため教室増設に向け活動しました。

その結果、当初の目標をはるかに超える1,568,000円を集めることができました。(6/28時点)

ご支援、ご協力いただいた皆様ありがとうございました。


クラウドファンディングを通して感じたことは?


クラウドファンディングを通して、Michiiiiは様々な方に支えられて活動できていることを実感しました。


私たち大学生だけでは成功することも、ここまでくることもできませんでした。

"ありがとう"の感謝の気持ちを伝えたい方は数え切れません。


クラウドファンディングが終了した今、私達にとってゴールではなくはこれからがスタートです。クラウドファンディングに挑戦した今だからこそ、多くの方からの「共感」と「期待」、そして同時に「責任」を強く感じています。




もっと多くの人にMichiiii知ってもらいたい、関わってもらいたい。

私たちが届けた情報は、まだ一部でしかありません。これからも継続して発信し続けたいです。みなさんと一緒に考えていきたいです。

皆様の期待に応えられるようこれからもMichiiiiの活動は続きます。

これからも応援のほど宜しくお願いいたします。




これからどのような団体にしていきたいか?



Michiiiiが創設した2012年からこれまで、継続してグラフィス小中学校に支援を行ってきました。支援を始めたからには、最後まで支援を行う「責任」があります。

「グラフィス小中学校の自立」を最終的な目標として私たちは、活動しています。

そこまでに至るには、教師の不足、図書室や職員室などの設備の不足など、多くの課題があります。

こうした課題は、継続して支援していくことで発見することができ、そして解決することができると考えています。

教室といったような建物以外にも、子どもたちの学校生活を健康面から守るための衛生教育、保護者に学校教育へより関心をもってもらうためのアクティビティなど、継続して支援を行うからこその活動をこれからも行なっていきます。

自立に向けて私たちができることは限られています。

年2回のスタディーツアーを通して、支援先の子どもたち、先生、校長先生などの意見を大切に、グラフィス小中学校への支援をこれからも行なっていきます。

そして、「誰かのために何かしたい人へ新しい一歩を提供する」という活動いう理念があります。

誰かのために何かをする事は、時に難しい事でもあります。

Michiiiiは、そんな思いを実際に行動にできる場所として、これからも多くの学生に新しい一歩を提供していきたいと思います。




「シェアする」ボタンを押して、
クラウドファンディングを通じてを応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!