「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

役立ち情報

新社会人が考える、身につけておくべき3つの力

ライターの集い (メディア)

4か月前

  • 1
  • ページビュー数
    321

こんにちは。Kazu@bs_0318)です。

 

今回は、来年から新社会人になる私が一冊の本をご紹介します。

 

その本は、

斎藤孝さんの『社会人に必要な9つの力』です。

 

 

斎藤孝さんのご紹介

斎藤孝さんは、明治大学文学部の教授で、学者、作家として、さまざまなメディアでご活躍されています。

 

著書には、今回ご紹介する『社会人に必要な9つの力(ウェッジ)』だけでなく、『読書力(岩波新書)』『雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール(ダイヤモンド社)』など、大人のみならず、大学生にも役立つノウハウ本が多数あります。

 

私は、斎藤孝さんの『大人の語彙力ノート』も購読したのですが、

 

「"嬉しく思います"じゃなくて、


"冥利に尽きます"の方が確かに好印象かもしれない」


「"衷心よりお詫び申し上げます。"


って初めて聞いた!」


 

など、大人として恥ずかしくない言葉遣いを学ぶことができました。

 

今回は、『社会人に必要な9つの力』に書かれている「9つの力」から、私が特に「これは確かに必要だ!」と思った3つの力について述べていきます。

 



 

①同じミスを繰り返さない修正力

何かに取り組むうえで、失敗するのは当たり前です。

私は、大学2年生の時に3か月間の長期実践型インターンシップに取り組みました。

内容は、「新規事業立ち上げに伴う地域の店舗への営業」です。

1か月目は特に失敗の連続でした。

 

「営業ってまず何をすればいいの?」


「どんな提案資料なら伝わりやすいの?」


 

それまで営業経験はなかったので、いざ店舗に営業をかけても、緊張で早口になったり、先方のリアクションを見る余裕もありませんでした。

なにをしても上手くいかず、1か月目にしてすでに打ちのめされていました…

 

しかし、ここで諦めてしまっては何のために挑戦したのかわかりません。

私はめげず、

「どうすれば契約を取れるのか、


どのような提案方法ならわかりやすいか」


 

を考え、行動に移しました。

そうすることで、少しずつ失敗を減らし、徐々に契約率が上がっていきました。

最終的には80件の営業で58件の契約を結ぶことができ、契約率にして、7割以上です。

失敗をそのままにしていたら、ここまでの結果は出なかったでしょう。

 

大事なのは、失敗に気づき、改善策を考え、いかに成功に結びつけるか、です。

 

俗にいう、PDCAサイクルを正しく高速にまわせば、成功に近づきます。

 



 

②どんな状況でもなんとかするメンタル力

少し先ほどの内容と被りますが、失敗や困難に直面した時に、そこで立ち止まったり、めげてしまうと、そこからは何も生まれません

いかに踏ん張って前に進むかが重要です。

 

ではどうやって立ち直るのか。

 

『目標を明確にする』


『やり遂げた後の自分を想像する』


 

この2つのことをすれば、立ち直ることができます。

 

壁にぶつかると、「何のためにやっているのだろう」、「自分には力がないんだ」と、迷走したり、自己嫌悪に陥ることがあります。私もそうでした。

 

ただそこで一度立ち止まって、「何を目的に取り組んできたのか」を改めて明確にしましょう。そして、「やり遂げて今よりも成長している自分を想像」してみましょう。

そうすることで、これからの道筋がハッキリし、気持ちの整理がつき、モチベーションもおのずと上がります。

今上手くいっていなくて、モチベーションが下がっている人は、焦らず、一旦作業を止めて、考えを整理してみてください。

急がば回れ、です。

 

 

③意識の量を増やす力

今こうやって記事を書かせていただいていますが、いざ記事を書こうと思った時にネタが思い浮かばないということが多々あります。

 

ただ、アンテナを常に張り続けていれば、いくらでもネタは転がっています。

 

つまり、意識の問題です。


 

意識することで、行動が変わりますし、その結果頭に入ってくる情報量も格段に増えます。

 



 

具体例をあげてみます。

例えば、自分に好きなアイドルがいたとしましょう。

 

ファンであれば、そのアイドルが出ている番組や雑誌はみたいですよね。

しかし、常にアンテナを張っていなければ、情報を逃してしまう可能性があります。

ですが、

 

「もしかしたら身近なところから


情報が手に入るかもしれない」


 

そう思っているだけで、Twitterに流れている情報、番組のCM告知など、さまざまな媒体に意識が傾き、欲しい情報を手に入れることができるかもしれません。

さらには、家族や友人から情報を得ようとするようになるかもしれません。

 

私も、なにかネタになりそうなことはないかと自分の部屋を片付けていた時に、

今回ご紹介している

『社会人に必要な9つの力』が目に留まり、この記事を書こうと思いました。

 

 

まとめ

以上、私が『社会人に必要な9つの力』から特に必要だと感じた3つの力について書いてきました。

学生団体に所属されている皆さんも納得の“必要な力”だったのではないでしょうか。

学生団体活動のみならず、学生生活のなかで困難に直面したり、メンタルがやられることがあると思います。

そんな時には、今回の記事であげた3つの力を思い出して、乗り越えてください。

 

また、『社会人に必要な9つの力』に興味を持った方は、是非お手に取ってみてください。

「シェアする」ボタンを押して、
新社会人が考える、身につけておくべき3つの力を応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!