「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

コラム・記事

旅人なら海の世界も旅したい! スキューバダイビングのきほん

ライターの集い (メディア)

2か月前

  • 0
  • ページビュー数
    73



こんにちは。ライターの集いのあやかです!
みなさんは、水族館が好きですか?
海の中の生き物の姿や生活を見ることができる水族館。ゆっくりと泳ぐ大きなカメや、素早く獲物を追いかけるサメ、色とりどりの熱帯魚たち…。時間を忘れて見ていられますね。そんな世界に私たちが行ってみることができます!

今回はスキューバダイビングをするためにはどうしたらいい?ライセンスカードの取り方は?などの基本的な疑問を解消していきます!

もくじ
1.スキューバダイビングとは
2.スキューバダイビングするための方法①『体験ダイブ』
3.スキューバダイビングをするための方法②『Cカードを取得する』
4.スキューバダイビングのCカード(ライセンスカード)の種類
5.世界のスキューバダイビングの団体
6.Cカードのランク

 

1.スキューバダイビングとは


スキューバダイビングは、海の中の美しい世界を楽しむスポーツです。酸素ボンベなどの機材を背負うことで、水中でも呼吸をすることができ、長く水中の中の景色を楽しむことができます。また、機材の扱い方を覚えれば、年齢や体力に関係なく楽しむことがでるスポーツなので老若男女問わずに挑戦できるところもスキューバダイビングのいいところです。機材の使い方に慣れてくるので、むしろ年配方のほうが、長年スキューバダイビングをしているので熟練して、海の中を上手くおよぐことができます。そんな生涯を通して楽しむことができる魅力的なスポーツ、スキューバダイビングだからこそ、世界中にはたくさんのダイバーがいます。

 

2.スキューバダイビングするための方法



①『体験ダイブ』
1つ目の方法は体験ダイブです。インストラクターダイバーが付き添うことで、一定の深さまで潜ることができ、個人差がありますが、5mから10mの深さまでダイブできます。慣れない耳抜きや、海の中での呼吸など不安を持っている方は、まず体験ダイブをしてみるといいです。
インストラクターダイバーは、しっかり実績と講習を受けなければ、なることができません。常にあなたの隣にいて、様子や変化を見ているので、何か問題が起こったとしても迅速に対応してくれます。
ただ、体験ダイビングでは水深10m前後の浅い場所しか潜ることができまないので、潜ったあとに「ライセンス欲しい!」となる方が多いです。

 

3.スキューバダイビングをするための方法



②『Cカードを取得する』
2つ目はCカードの取得です。キューバダイビングをするためのライセンスカードをCカード(Certification Card)と呼びます。ダイバーの知識や技術、経験値によってCカードには潜れる深さや場所が決められています。世界中には、ダイバーを育成・指導ダイビング団体があり、ライセンスカードを取得する際に確認が必要です。

 

4.世界のスキューバダイビングの団体



PADI(パディ): 世界最大のスキューバダイビング団体で、世界中に約5,800以上のダイブセンターを持っており、世界で1番有名です。
SSI(エスエスアイ): 全部のランクのライセンスにおいて、独自の最先端のプログラムや教材を持っています。革新的なダイビング団体として世界中で広く認知されています。
NAUI(ナウイ): 1960年にアメリカでダイビングインストラクターコースを開催し、世界で初めてのスクーバダイビングの指導員組織が誕生したのをきっかけにはじまった団体です。
上記のダイビング団体以外にも、「CMAS」「BSAC」「ADS」「JP」など様々な団体があり、今現在もスキューバダイビング団体が増えています。

 


  • 5.Cカードのランク


Cカードは、潜ることが出来る水深や、専門的な技術によって、ランクがつけられています。基本的に、
水深18mまで:
「オープンウォーターダイバー」
水深30mまで:
「アドバンス・オープンウォーターダイバー」
水深30m以上:
「マスターダイバー」
また上記以外にも、専門的な知識や技術を身につけるコース「スペシャルティ・コース」というライセンスもあります。
オープンウォーターダイバーの講習を受講するためには、年齢が15歳以上であることが条件とされています。また持病がある方は、医師への相談や診断書が必要にです。
ライセンス取得後はファンダイビングが可能になり、日本の海だけでなく、世界中の海の世界を探検できるようになります。

 

 

まとめ


今回はスキューバダイビングの基本についてご紹介していきました。「Cカード」は世界中の海へ行くためのパスポートのようなものです。パスポートと違って、1度取得したら生涯使うことがでいる資格になるのが嬉しいですよね。

潜れば潜るほど上達し、見れる海の世界も広がります。また、野生のイルカやカメなどに出会えた時の感動は、水族館で見たときの感動をはるかに超えてきます。

地球の7割を占めている海、旅人なら海の世界も旅したいですよね。アドバンス・オープン・ダイバーまでであれば、個人差や講習者によりますが、3日ほどで取得できます。スキューバダイビングで、世界中に広がる無限の水族館を楽しみましょう!

 

「シェアする」ボタンを押して、
旅人なら海の世界も旅したい! スキューバダイビングのきほんを応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!