「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

役立ち情報

日本の文化は変?世界から見る「バレンタイン」の意味!

ライターの集い (メディア)

2か月前

  • 0
  • ページビュー数
    138



こんにちは!ライターの集いのあやかです!

2019年も早くも1ヶ月が過ぎました。2月といえば、もうすぐバレンタインの時期です。女性のみなさんは、バレンタインが近ずくこの時期、どんなお菓子を “ 好きな彼へ ” 渡そうかな…とクックパッドやネットで探すころですよね。


日本では「あたりまえ」の女性から男性でチョコレートを送る文化。世界の文化から見ると変わっています。海外のバレンタインは、『愛する人への日』として認識され、男性から女性に贈り物をするところも多いです。そこで今回は、日本と世界のバレンタインディー文化の違いを比べていました!

 

もくじ

1.日本のバレンタイン

2.フランスのバレンタイン

3.スペインのバレンタイン

4.イタリアのバレンタイン

5.フィンランドのバレンタイン

6.タイのバレンタイン

7.台湾のバレンタイン

8.韓国のバレンタイン

 

1.日本のバレンタイン



日本では、本命の男性に渡すだけでなく、友だち同士でのチョコレート交換、上司や部下へ義理で渡さなければならない…など、バレンタインギフトを用意する理由は様々です。男性のみなさんは、今年はいくつチョコレートが貰えるかなっと、頭の中で考えちゃいますよね。

ですが、日本ならではの女性がチョコレートを男性に渡すという習慣は、デパート業界が商業的なメリットとしてキャンペーンをし始めたのが始まり。少し残念な理由ですが、ホワイトデーも同じで、消費者の消費を促すために『後ずけして作られた理由』なのです。

そう、女性のみなさんの頭を毎年なやませる「義理チョコを配る」文化は、“たてまえ”を気にする日本ならではのもであり、人工的に作られた文化。悲しいことに、ロマンチックな理由ではなく、完全にメディアに消費を促されているだけなのです。そのため、日本のバレンタイン文化や、義理チョコという文化を謎に思う外国人の方も多いです。

 

2.フランスのバレンタイン



フランスでは、バレンタインは「恋人の日」。男性から女性に、バラをプレゼントするのが一般的です。なので、バレンタイン当日、お花屋さんのバラが姿を消すほどだそうです。“あなたを愛します”という花言葉を持つ、真っ赤なバラを愛する女性に贈るなんて、ロマンチックですね。

 

3.スペインのバレンタイン



スペインでも、バレンタインデーは「恋人の日」。恋人同士が、お互いにプレゼントを贈り合う日です。日本でいうクリスマスのようなイメージですが、スペインではクリスマスは、家族と過ごす日になります。バレンタインデーは「恋人の日」クリスマスは「家族の日」と明確に分けられているんですね。そして、スペインにはバレンタインデー以外にも、「サンジョルティの日(愛の日)」という愛を伝える日があります。

 

4.イタリアのバレンタイン



イタリアのバレンタインデーも「恋人の日」で、恋人同士がプレゼントを贈り合います。チョコレートをプレゼントする人もいますが、イタリアでは「赤いバラの花」を贈るのが一般的です。

バラの本数によって色々意味があるようで、イタリアでバレンタインデーは、赤いバラが1年でもっとも売れる日でもあるそうです。

 

5.フィンランドのバレンタイン



男女平等の国フィンランドでは、バレンタインデーは「友達の日」です。2月14日は1980年から始まったイベント「Ystävänpäivä(ウスタヴァンパイヴァ)」の日で、大切な友達にカードを添えてプレゼントを贈る日になります。男性から女性、女性から男性だけでなく、同性から同性にもプレゼントを贈る日であり、そこに義理などの意味はなく、贈りたい大切な人に贈る文化です。

 

6.タイのバレンタイン



微笑みの国タイのバレンタインデーは、男性から女性へバラを贈る文化で、ヨーロッパスタイルです。そして、バラとともにクマのぬいぐるみを添えるのがタイスタイル。

タイには、何かお祝いのイベントがあるごとに、クマのぬいぐるみを贈る習慣があるそうです。入学式や、卒業式でもクマのぬいぐるみを贈るなんて、部屋にはいくつクマのぬいぐるみが増えるのでしょうか。日本にはない文化ですが、とても可愛らしい習慣ですね。

 

7.台湾のバレンタイン



台湾は2月14日だけでなく、旧暦の7月7日もバレンタインデーです。台湾もヨーロッパスタイルで、バラの花を贈るのですが、本数によって大きく意味が異なります。

1本 : あなただけを愛している

11本 : 一番好き

99本: 一生好き

108本 : 結婚して

1本と11本の意味の違いはいまいち分かりませんが、どちらにしてもその女性を1番すきという意味ですね。

男性のみなさん!台湾の女性に限らず、ロマンチックで用意されていたら嬉しいです。結婚するときは、108本の赤いバラを用意して臨みましょう!

 

8.韓国のバレンタイン



韓国のバレンタインは、ほかのどこの国よりも日本と似ています。女性が男性にチョコレートをプレゼントしたり、チョコレート以外にも、生活で使える品々をプレゼントするという女性も多いそうです。

そして、義理チョコというような名前はありませんが、日本と同じように本命以外の男性にもチョコレートをプレゼントする文化もあります。

また、ホワイトデーも日本同様にあり、恋人同士であれば、お菓子ではなく、花束やアクセサリー、ぬいぐるみなどをプレゼントすることが多いそうです。

まとめ



このように他の国と文化を比較してみると、その国らしさがわかって面白いですね。世界の多くの国では、日本のような義理チョコの文化がないので、日本の女性のバレンタインの負担は少なそうです。

ですが、日本の「好きな子に手作りチョコレートを渡す」というもの、甘酸っぱくて、どちらもそれぞれ良さがあるなと思いました。

「シェアする」ボタンを押して、
日本の文化は変?世界から見る「バレンタイン」の意味!を応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!