「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

※運営会社の変更に同意したことと見なします。

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

ひとこと

最近の本で学んだこと

賢者屋キャストTOKYO (キャリア/教育)

12か月前

  • 0
  • ページビュー数
    37

こんにちは!賢者屋キャストのマさです。

最近アジア大会が開催されていますが、多くの方、チームがメダル🥇🥈🥉を取っていて、やっぱ日本凄い。以上。

また、歌手のYUIさんが妊娠5ヶ月だったり、BBQの予定だった日に台風が直撃と衝撃が大きいです💥

 

さて、今回は僕が読んだ本(漫画)で学んだことをお伝えさせていただきます。

GANMA!というアプリで配信されているマンガですが、題名は隠します。

その本はサイコホラーサスペンスで、毎回作者が伝えたいことや世の中のおかしな所をホラーやサスペンス調にした短編ストーリー集のようなマンガです📚

そこで印象的だったのが、“慣れ”や“当たり前だと思っていること”はとても怖いなと感じました。

ある時、女性がお金が無くて困っていると、おじさんが突然話しかけてきます。

すると一万円をくれます。

驚きや喜びが入り混じる中、見返りがあるのでは?身体で何かしなくてはならない?と考え、要りません。と答えても、無理にあげようとしてきます。女性は丁度、お金に困っていましたし、何も見返す必要が無いなら貰おうと思い、謙虚にありがとう😊と言います。

おじさんも嬉しそうに去って行きました。

 

後日、女性が再びお金に困った際、街を歩いていると、またおじさんが現れました。

おじさんにまた会えた!また一万円もらえる!と思った女性。すると、どうでしょう。

 

おじさんから貰ったのは、千円でした。前より減っています。

この事に女性は「前は一万円くれたのになんで今日は千円しかくれないの💢」と。

すると、おじさんは女性をどこかへ連れて行ってしまいました。

 

ざっくりと説明させていただきましたが、これでおしまい。

 

皆さん、お金に限らず、人にしてもらっていることや、今ある物が当たり前だと思っていませんか?親に料理を作ってもらうこと、トイレが水洗であったりなど、、 たくさんあると思います。ここで修正点、してもらっているのではなく、“していただいている”んですよ。

いつまでも、もらう精神、ください精神でいいのでしょうか?

これから一社会人として、あげる側に、与える側に、勝たせられる側になるために、当たり前を当たり前と捉えず、自分基準ではなく、社会基準で物事に当たれば、成長にも夢の実現にも繋がるとわたしは思います。

 

つらつら書かせていただきましたが、以上です。本の題名、知りたい方は連絡ください。

ありがとうございました。

「シェアする」ボタンを押して、
最近の本で学んだことを応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!

運営会社変更のお知らせ

平素よりTASUKAKEをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

この度、2019年9月1日(日)より、TASUKAKEの運営会社がパーソルキャリア株式会社から共同運営元である株式会社賢者屋に変更となりますことをお知らせいたします。

それに際しまして、アカウントをお持ちの利用者様に関しては、下記のお願い事項をご確認の上、ご対応お願いいたします。

<お願い事項>

  1. 【利用規約】【個人情報の取扱いについて】の内容を確認してください。
  2. 内容に同意いただける場合には下記の「同意する」ボタンを押下し、そのままログインください。
    ※この後は通常通りサービスをご利用いただけます。

8月31日(土)までに同意いただけない場合、登録情報の削除の対応をさせていただきます。
※再度ご登録いただければ、サービスの利用が可能です。

今後とも、お客様のあらゆるニーズに迅速にお応えできるようサービスの充実を図ってまいります。
引き続き、変わらぬご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

【お問い合わせ窓口】

https://tasukake.weban.jp/contact