「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

活動レポート

湘南研修2017

東大みかん愛好会 (食/農業)

5か月前

  • 19
  • ページビュー数
    17

2017年2月13日
みかん日和の快晴の中、神奈川生まれの黄色いみかん「湘南ゴールド」を知るための研修として小田原のみかん農家の守屋佑一さんに、湘南ゴールドについてのお話を伺ってきました。

守屋さんがお話された中で印象的だったのは、湘南ゴールドが誕生したきっかけのお話でした。小田原みかんはもともと、江戸時代からあったそうですし、冷凍みかんだって小田原が発祥なのに小田原には「みかん」というイメージはあまり根付いていません。
そこで、「神奈川でも他県ではやっていない種類の掛け合わせのみかんを作ろう!」という考えから、湘南ゴールドはみかん農家を助けるために高級路線柑橘として誕生しました。

加工品にもされていて、湘南ゴールドのさっぱりとした味わいを生かしたお酒や、若年層向けにお菓子にして販売をしています。

守屋さん自身が行っている活動は、柑橘の栽培だけではなく、湘南ゴールドエナジーの販売をしています。湘南ゴールドエナジーは、普段柑橘を食べない方にも手軽に摂取してもらおうということで作ったエナジードリンクです。後味が薬臭くなく柑橘のさっぱりとした味わいに仕上がっています。湘南ゴールドエナジーのイメージキャラクターを世間に広めるためにグッズを作るなど、これからも湘南ゴールドエナジーに様々な物語をこめる活動を続け、湘南ゴールドの知名度を上げる助けになりたいと熱く語られていました。

守屋さんの湘南ゴールドエナジーに対するこれからの目標は、「高級なポンジュースみたいな存在」だそうで、高級路線を保ちつつ、名前は誰でも知ってるような存在の柑橘ドリンクになればいいなとおっしゃっていました。

湘南ゴールドは、見た目からすると酸味が強めな柑橘なイメージを抱いていましたが、実際に食べてみると甘味と酸味のバランスがよく、誰でも食べやすい柑橘になっていると思いました。
美味しい柑橘だから「湘南ゴールド」の知名度が上がり、多くの人に味わって欲しいなと感じました。

お話のあとは湘南ゴールドの収穫をお手伝いさせていただきました。
湘南ゴールドの樹にはトゲがあり痛かったけれど、みんなで協力して収穫したので早く終えることができました。
守屋さん、貴重な経験をさせていただきありがとうございました。


  1. 湘南ゴールドエナジー http://xn--uckzbvfxc955vc47a.com
    守屋佑一さんFacebook https://www.facebook.com/profile.php?id=100000684268717
    ブログ http://umemaru-camp.com


「応援する」ボタンを押して、
湘南研修2017を応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体を応援する

Loading...

このニュースを応援する

Loading...

このイベントを応援する

Loading...

このキャンペーンを応援する

Loading...

このページを応援する

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!