「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

コラム・記事

福祉映画5選

学生団体コマフク (医療福祉)

10か月前

  • 0
  • ページビュー数
    42



こんにちは!

学生団体コマフクです!

皆さん映画は好きですか?

「今日はお休みだから家でゆっくり映画でも見よう〜」と思って◯SUTAYAに行っても、なかなか観たい映画がない...。

というそこのあなたのために、福祉について学んでいる私たちが自信を持って推薦する福祉映画5選をご紹介したいと思います!

 

①「明日への記憶」

【あらすじ】

主人公佐伯雅行(渡辺謙さん)は、広告代理店に勤めるエリート営業マン。仕事でもプライベートでも充実し、順風満帆。

しかし、ある日突然めまいや幻覚といった症状を覚え、妻・枝実子(樋口可南子さん)と共に病院に行く。診断は「若年性アルツハイマー病」。

時間を追うごとに悪化する症状。最初は些細なもの忘れだったものが、大きな仕事のミスに繋がってしまう。

また、家族との関係も複雑になってしまう...。

【推薦者から一言】

病気を受け入れることができない苦悩や家族との関係、仕事に対する想いなどがリアルに描かれており、観ていて目を背けたくなるようなシーンも沢山あります。

しかし、家族の愛、仲間への愛に溢れており思わず涙ぐんでしまうでしょう。

是非当事者や家族の目線に立って観てほしい一本です。

②「ビューティフル・マインド」

【あらすじ】

アメリカのプリンストン大学大学院で優秀な成績を修め、人付き合いの悪さから変人として見られながらも研究所に勤める主人公。

そんな彼のところに諜報員を名乗る男がロシアの暗号を解読してほしいとやってきます。

その後ナッシュは研究所で出会ったアリシアと結婚しますが、結婚しても暗号解読は極秘で続けていました。しかし、日に日に諜報員からのプレッシャーは大きくなり、ついには命の危険さえも感じる事態に...。

【推薦者から一言】

この映画は実在した天才数学者ジョン・ナッシュをモデルに作られたものです。

アカデミー賞やゴールデングローブ賞も受賞している作品だけあって、作品の雰囲気にどんどん引き寄せられていきます。

「うそ〜!」というようなどんでん返し?もストーリーの面白いところですが、同時にとても考えさせられます。

彼を苦しめていたのは幻覚だったかもしれません。しかし、彼を救っていたのも、幻覚だったのかもしれません。

③「アイアムサム」

【あらすじ】

知的障害をもつ父親が娘を男手ひとつで育てるが、娘が小学生になるときに、親としての養育能力が無いという判断を下された。裁判で親権を得るために争うが、不利な立場から娘を里親に引き取られてしまう…。

【推薦者から一言】

この作品は、親であるとはどういうことか、障害者の生きづらさや葛藤、1人では難しいことも支援の輪が出来ることで、親子でいられるというメッセージを伝えているのではないでしょうか。

④「くちづけ」

【あらすじ】

知的障害を持つ娘のマコ(貫地谷しほりさん)と、男手ひとつで育てる父の愛情いっぽん(竹中直人さん) が、知的障害者の自立支援を目的とした「ひまわり荘」というグループホームで住み込みで働き始 め、物語は進んでいきます。

途中でいっぽんは、余命3ヶ月であることを診断され、マコをひまわり荘に一人預けようとしますが...。

【推薦者から一言】

この映画をみて私はどうしたらいいのかまだわからないし、 言葉で表すことも難しいですが、身の回りで映画のようなことが起きているということを頭に入れ て、福祉を勉強していこうと思いました。複雑な気持ちになりますが、見てほしい映画です。

⑤「彼らが本気で編むときは」

【あらすじ】

育児放棄で叔父の家に送られた少女トモが、叔父の恋人と出会い共同生活を送る話です。叔父の恋人がトランスジェンダー(リンコ)で、愛を知らないトモは戸惑いながらも新しい生活を送ります。タイトルの「編む」というのは、リンコが生きていて辛い・悔しい時に、あるものに見立てたものを編むことで発散している、というところから来ています。

【推薦者から一言】

この映画も生田斗真さん、桐谷健太さん主演でとても話題になりましたね!

この映画を観て、LGBTが身近な存在であることに気づかされるだけでなく、厳しい躾・育児放棄・愛情の無知という三世代の負の連鎖から、家族の本質を問われるところに魅力があります。

決して明るい場面ばかりではありませんが、現代社会には切っても切れない話題で、深く考えさせられる映画です。

〜さいごに〜

福祉の映画と一括りにしても、題材は様々です。

しかし、いずれも観た人が人生とは何か、愛や死、生き方について考えさせられるものばかりです。

誰も自分がそれぞれの映画の主人公たちのような立場にならないという確証はありません。

映画を通して、少しでも福祉に興味を持ってもらえたらいいなと思います!

長々とお付き合いいただきありがとうございました!

「シェアする」ボタンを押して、
福祉映画5選を応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!