「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

第九回旅記事:1/55の上海

学生団体スナフキン (旅行)

8か月前

  • 27
  • ページビュー数
    57

こんにちは~大久保です。


僕は昨年世界一周を経験し、今までに55ヶ国行ってきました。


なので現在では旅にも慣れましたが、初めての一人旅はビビリまくりだったことを覚えています。


そこで ”55ヶ国中の1ヶ国目” 中国の上海について書こうと思います。


実は一人旅に初めて出たのは世界一周を決めてからで、少しは旅に慣れておこうと思って上海行きを決めました。


時期はちょうど今から2年前!2014年の11月でした。


バックパッカーは大して下調べしないのが”粋”なのではないかという誤った認識から、宿は予約したものの場所は調べないという頭の悪い行動を取ってしまいました


結果、フリーWi-Fiが見つからず、宿の場所を調べることもできず夜の上海を彷徨うことになりました。


IMGP0603


中国ということで英語が通じないことが多く、ものすごく苦労しましたが、最終的には優しい若者2人が自分のスマートフォンで場所を調べて、タクシーで探して送ってくれました。


人の温かさに触れ、苦労して辿り着いた宿には達成感がありました。


IMGP0611


翌日歩いてみると、駅からまっすぐ歩くだけでした…(笑)


紙の地図をもらって、いろんなところを歩いてみました。


水路に囲まれた「朱家角」


IMGP0667


IMGP0671


夜景が綺麗な「豫園」


IMGP0784


若者の集まる「田子坊」


IMGP0843


一人で歩く場所が増えるにつれて、一人旅の魅力に気がつき始めました。


 

上海では、紙の地図を見て歩き、下調べをほとんどせずに行き当たりばったりで歩く旅をしていました。


今では地図アプリ等を駆使し、迷うこともなくなってしまいました。


しかし迷って迷って、助けてもらって、辿り着いた先には達成感がありました。


そして、見てきた景色よりも人との関わりの記憶が強く残る旅になりました。


人の温かさに触れたことで、地元の人と会話をすることが、世界一周中の楽しみにもなりました。


そんな上海が一人旅の大切な最初の思い出になりました。

「応援する」ボタンを押して、
第九回旅記事:1/55の上海を応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

このニュースを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

この団体を応援する

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、
協賛確率がUP!

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このイベントを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このキャンペーンを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このページを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!