「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

活動レポート

第3回学生団体総選挙で部門グランプリを受賞しました!

鎌倉ゼミ (キャリア/教育)

12か月前

  • 7
  • ページビュー数
    77

はじめまして、鎌倉ゼミ代表の松本です!

先日、第3回学生団体総選挙で部門グランプリをいただきました!

学習塾にも関わらず、<キャリア・教育・医療部門>や<ビジネス・tech部門>ではなく、<エンタメ・サークル部門>で部門グランプリです(笑)

 

学生団体総選挙当日は、社会的にすごく意義のある活動をしている団体からユニークな活動をしている団体まで本当にバラエティ豊かな団体の方たちが熱い想いを語り、心奪われまくりの1日でした。そんななかで、僕たちの小さな鎌倉ゼミが部門グランプリをいただけるとは夢にも思いませんでした。

このレポートを通して1人でも多くの方に想いを伝えたいと考えているので、部門グランプリをいただいたプレゼンの原稿全文を載せますね。(スライドが無いと分かりづらい部分もありますが、ご容赦ください。)

 

 

<5分プレゼン原稿>

みなさん、こんにちは!

鎌倉ゼミ代表の松本光広です!本日は宜しくお願いします!

鎌倉ゼミは、僕が大学1年生の5月に起業した個別指導塾です。しかし、ただの個別指導塾ではありません。学生が経営してるからこそできること、学生しかできないことがあるんです。

 

まずは価格設定についてですが、個別指導は月額たったの1万円で通えます。

講師1人に対して生徒が3人から6人の少人数指導はもっと安いです。

大阪市は、塾代助成金といって、月額1万円まで、市が塾代を出してくれるんです。

つまり、鎌倉ゼミなら、無料で個別指導塾に通うことができるんです。

ここに家庭の収入による教育格差なんてないわけですよ。

 

でも、学生がやってて、こんなに安い塾、本当に成績あがるの?

と思われる方も多いと思います。

みてください。開校直後に入塾した1期生のデータです。

クラス最下位だった子がたった1か月で学年1位になりました。

3か月で模試の偏差値が18ポイントも上がった子もいます。

僕たちには、秘伝のカリキュラムや豊富なデータなんてありません。

講師が、ベテランだったり、超頭がよかったりするわけでもありません。

しかも、鎌倉ゼミの講師のほとんどが、「はじめて塾講師します!」ってひとたちばかりです。

 

では、なんでこんなにも成績が上がるのか。

秘密は講師の採用基準にあります。講師の面接は僕が全部しているのですが、採用基準はたった1つ。輝いているかどうか。なにかを頑張っていたり、やる気に満ち溢れていたり、超ポジティブだったり。そういう人たちって、周りの人の心を動かす力を持っているんです。たとえば、うちの講師には、大きな学生団体の代表者、大学生アイドルの全国大会準優勝の女の子や学生起業家、自主制作映画を撮っている方など、いろんな方面で活躍している人が沢山います。

 

鎌倉ゼミでは、そういう講師と代表である僕が、生徒ひとりひとりに合わせたカリキュラムを独自で作っています。なので、生徒全員、同じ学年でも全く違う勉強をしています。中学生・高校生の視点で考えてみてください。年の物凄く近い先生が、自分のすきなこと、やりたいことを全力で楽しみながら頑張っている。それは、中高生時代に勉強を頑張って大学に入れたからです。その先生が、自分のためだけに必死になってカリキュラムをつくってくれて、全力で勉強を教えてくれるんです。次のテスト、絶対にいい点数とれるように一緒に頑張ろうねって。

 

勉強はしなければならない。そんなことみんな理解してます。みんな嫌々でも手を動かして宿題をやってくるかもしれません。でも、大事なのは理解ではなく、実感なんです。中高生時代に勉強を頑張ったからこそ、いま輝いている講師。その姿を生徒はしっかり見てます。勉強が大切ということを実感します。生徒たちの心を動かして、心の底から頑張りたいと思える環境を、僕たちは間違いなく作れています。だから、とんでもなく大きな結果が出るんです。

 

ちなみに、僕たち鎌倉ゼミは、中高生だけを応援しているのではありません。大学生にとっても鎌倉ゼミは貴重な存在なんです。輝く大学生は、本当に時間もお金もないんです。活発だから忙しいし、お金もいろんなところに飛んでいきます。この学生団体総選挙でプレゼンしている素晴らしい活動をしている団体さんのメンバーも輝く大学生のひとりですよね。なので、きっと共感してくれている人も多いはずです。鎌倉ゼミでは、勤務は週1からOK。しかも時給は、はじめから超高い。時間やお金がないからという理由で自分のやりたいことができない、制限されてしまう。そんなことがあってほしくないんです。全力で夢を追いかけれる学生生活を送ってほしいから、こういう好待遇にしています。

 

実は今日、絶対にお伝えたいことがあります。

当たり前かもしれませんが、教育って単純に勉強することだけじゃないんです。

僕が担当していた生徒に、「将来、テレビ局で働きたい」っていう子がいました。

その子のために、映像関係の大学に通っている学生から業界や就職についての情報を聞き、就活イベントに行って、テレビ局のブースを回って説明を聞きました。

そして授業で、そこでの体験を話します。テレビ局って、こんな仕事するみたいだよとか、このテレビ局はこんな大学の学生を採用してるね、とか。

 

ほかの生徒はどうかというと、社会問題や最近あったニュースについて話し合うことは、普段の授業でしょっちゅうしています。その結果、生徒たちは、社会に興味を持つようになってきます。それによって、いろんな情報が入ってくるようになる。テレビやネットから流れてくるニュースをただ一方的に受け取るのではなく、自分で分析し、自分の意見を持つようになる。そうすれば、将来の夢や自分がしたいことがおのずと見つかるんですよ。将来やりたいことが決まれば、夢を叶えるために心の底から勉強も頑張れるんです。

 

勉強する理由って大きく2つあると考えています。

1つは、社会で快適に生きていくため。

2つは、自分の夢を叶えるため。

勉強って、これらのための手段でしかないんです。

それを手助けするのが本当の教育だと僕は考えています。

 

ふつう塾って、教育の場でありながら、結局はビジネスなんです。

ビジネスだから、どうしてもお金を稼がないとダメなんです。だから、時には大切なものを犠牲にし、よい教育ではなく、よく見える教育をしなければならない時があります。

でも、僕たちは会社ではありません。運営を続けていけるだけの利益があればいいんです。

つまり、本当にいい教育とは何かってことを追求できるんです。

だから僕は、学生団体から会社にするつもりはありません。

学生による学生のためのこの塾とその精神を後輩に受け継いでもらうつもりです。

 

もっと、明るくておもしろい人が増えて、社会がもっと楽しくなってほしい。

鎌倉ゼミはこれからも、学生だからこそできる方法で学生の未来、日本の未来をもっともっと明るくしていきます。ご清聴、ありがとうございました。

(2017年12月9日、鎌倉ゼミ代表 松本光広)

 

「応援する」ボタンを押して、
第3回学生団体総選挙で部門グランプリを受賞しました!を応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体を応援する

Loading...

このニュースを応援する

Loading...

このイベントを応援する

Loading...

このキャンペーンを応援する

Loading...

このページを応援する

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!