「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

ブログ

第4回学生団体総選挙エントリー

applim (ビジネス)

3週間前

  • 0
  • ページビュー数
    22

□団体名(正式名称)
学生団体applim

□団体名(フリガナ)
ガクセイダンタイ アプリム

□フリーペーパーは制作していますか?
制作しておりません。

□活動理念
『面白いことを考えられる人を面白い方法で増やす。』
面白いことを考える人が増えたら、世の中はもっと面白くなる。
その為には、まず自分たちが面白いことをして、
みんなの注目を集めなければならない。
その為に、イベントの企画・運営しているのが、
学生団体applimです。

□具体的な活動事例
2010年の発足以降、マーケティングコンテストを計9回開催し、累計4000名の学生にご参加いただきました。2017年は、第15回「学ぶ」applim、第9回「試す」applim、「IDEA for Tokyo」を開催いたしました。

◆第15回「学ぶ」applim

面白いと思わせるためには、誰かを「共感」させることが必要です。そこで、「妄想ツイート」と題したツイートで多くのフォロワーから共感を得ている 「タイムラインの王子様」ことカツセマサヒコ様とのイベントを開催致しました。

上限20名の1dayイベントであったにもかかわらず、1日で応募は100件を超え、 「一生に一度、異性に言われたい台詞を晒す」という「妄想選考」なども企画するに至りました。

「140字の共感」と題した本イベントは、カツセ様のご講演のほか、 実際に妄想ツイートを作成したり、初めて会った大学生同士で短編小説を完成させるなど、 大変好評を得たイベントとなりました。

◆第9回「試す」applim

課題文を「見た瞬間、視聴者が参加したくなってしまうような「ポッキー&プリッツの日」の6秒動画を作成せよ」とし、applimとしては初の6秒動画を用いたアイデアコンテストを実施し、210人50チームが参加しました。「ポッキー&プリッツ」という特定の商品を扱い、最終プレゼンでは、全く切り口の違う5案が登場し、審査員並びにオーディエンスも楽しめるコンテストとなりました。従来の「試す」では優勝企画が実現することがなかなかなかったが、今回は参加者全員がコンテストで必死に考えた企画を6秒動画という形で世の中に発信することができるという形となりました。(URL:http://applim.jp/9th/)

◆「IDEA for Tokyo」supported by applim

課題文を「実際に2019年、2020年に活躍するボランティアが実践できるこれまで見たことがないような、お客様を笑顔にするおもてなしアイディアを考えてください。」とし、applimとしては初のボランティアを題材にを用いたアイデアコンテストを実施。約200人66チームが参加した。東京都主催のイベントのためapplimでは主に集客、学生対応に尽力しました。(URL:http://applim.jp/9th/idea-for-tokyo.html)


 □団体としての夢・今後取り組んでいこうとしていること

「これ、おもしろくない?」

applimのミーティングにはいつだってこの言葉があります。

おもしろい人を、おもしろい方法で、増やしたい。
ほんっっの微々たるものでも、おこがましくても常に世の中に「おもしろい」を届けたい。
「おもしろい」なんて抽象的のお手本のようなものを追って追って毎日失敗だらけ、不安だらけ、それでもapplimに関わってくれた人が感じた「おもしろい」が広まってほしい。

そして
「これやりたい」
この言葉も頻出ワード。
全スタッフがapplimをステップにしてそれぞれの場所を目指す、「スタッフの成長拠点」にすることを意識しています。
自分の未来を切り拓くために、今何をすべきか同世代と切磋琢磨しながら活動しています。

具体的には講演やワークショップを企画し、参加者の"インプット"に重きを置いた「学ぶ」とapplimが提示したテーマのもと課題解決に挑む"アウトプット"中心のコンテスト「試す」の2つを軸として活動しています。
「学ぶ」でインプットしたことを「試す」でアウトプットする、この流れを通して参加者の中に「おもしろい!」という感覚を残すことが私たちの考える理想です。

「applimがあったから今がある」
applimに関わった人すべてがこう自信を持って言えるような場を提供する。

それがapplimの夢です。

*散々意識高いこと言ってきましたが割と、すごく割と小さいとこでつまずきまくることのほうが多いです♡
そんなところも含めてスタッフ全員がapplimを愛して運営しているあったかい団体です。

□団体HP
http://applim.jp/index.html

□団体Facebookページ
https://www.facebook.com/applim/

□活動都道府県
東京都

□団体人数
約10名

□団体からブラッシュアップセミナーに参加しますか?(複数回答可)
不参加でお願いいたします。

「応援する」ボタンを押して、
第4回学生団体総選挙エントリーを応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

このニュースを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

この団体を応援する

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、
協賛確率がUP!

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このイベントを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このキャンペーンを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このページを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!