「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

活動レポート

続ける努力を大切に 福岡を拠点に活動する映像ディレクターに学んでみた

Loqui (キャリア/教育)

4か月前

  • 42
  • ページビュー数
    17



 

060限目「木綿達史」学


 
空気株式会社 代表取締役

~心からやりたいことを~

1973年 石川生まれ。1997年 KOO-KI 共同設立。
CM/MV/ゲームオープニング/番組パッケージ/サイネージなど、映像全般をディレクション。
代表作は、WONDA 金の微糖(TVCM)、OIOI マルコとマルオの7日間(TVCM)、平井堅 切手のないおくりもの(MV)、TOYOTA Netz(モーションロゴ)、AXNミステリーチャンネル(チャンネルパッケージ)、シャネル銀座(サイネージ)など。
そのほかTEDx Fukuokaでのプレゼンを行うなど、精力的に活動している。監督を務めたショートアニメシリーズ「SUSHI POLICE(スシポリス)」は、2016年1月よりO.A.され反響を呼んだ。
関連URL:http://www.koo-ki.co.jp/

 

先生になりたかった学生時代


―どのような学生でしたか?


高校生のころは、学校の先生になりたいと思っていました。でも大学進学を前にし、学校以外の世界を知らずに生きていくことが勿体無いと感じるようになりました。

そこで何かしたいことがないかと考えていて思い浮かんだのが”映画”でした。元々映画が好きだったので、映画作りに関わりたいと思いついたんです。大学を決める際には映画作りができる大学を選ぶことにしました。

ちなみに僕は理系だったので、文系に進路変更して芸術系の大学に行くしかないと思っていたのですが、担任の先生が「九州に理系で映像作りができる大学」があることを調べてくれました。それが今の人生につながるキッカケになっています。先生にはとても感謝しています。

大学では、映像作りのほか、プログラミングや美術の授業があり、課外活動として映画研究会や演劇など、いろんなことに取り組みました。もちろん集中してハマっていたのは映像です。ビデオ屋でアルバイトして、大作映画はもとより古典の名作やすごくマニアックな映画なんかも片っ端から観ていました。この時期にどっぷりと映像にのめりこんだことは、今の自分にも役立っています。

関連タグ

「応援する」ボタンを押して、
続ける努力を大切に 福岡を拠点に活動する映像ディレクターに学んでみたを応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

このニュースを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

この団体を応援する

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、
協賛確率がUP!

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このイベントを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このキャンペーンを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このページを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!