「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

ブログ

2018/8/25 20卒向けイベント CHEMISTRY‼~どんな判断基準で会社を選んでいますか~

キャリア支援団体SCOOP (キャリア/教育)

10か月前

  • 15
  • ページビュー数
    832

みなさん、初めまして!

キャリア支援団体SCOOPの大学2年生「ひらりー」こと平林梨沙です!

 

今これを読んでくださっている多くの人は将来就職をすると思います。

そこで

突然ですが、就活について考え始めているみなさんに質問です。

 

『あなたはどんな軸どんな視点で会社を選んでいますか?』



会社の規模ですか?

場所ですか?

雰囲気ですか?

業種ですか?

業界ですか?

評判ですか?

知名度ですか?

試験内容ですか?

人ですか?

 

考え10人10色なので

人それぞれ判断基準は異なっていると思いますが

私は先日8/25に福岡で行われたーCHEMISTRYーに運営側としてですが参加しました。



 

その判断基準をシェアさせて頂きたいと思います。

 

これを知れば

あなたは

実際に就職してみて

「やりたいことと違った...」

「やりたかったプロジェクトがない...」



というミスマッチを防ぐことが出来るでき、

 

ましてや

「自分ってこんな人です!」

自分の生き方をする場に活用することが出来るでしょう!

 

ところで

就活も経験したことない2年生が

どの口で言ってんだー?笑

そもそも何で2年生がおるねん。

って思われた方もいらっしゃるでしょう。

 

そんなあなたへ

私が今回運営側として参加してきた理由と

今回の活動レポート書いたので

ぜひこちらも併せて読んでみてくださいね

(2018/8/30:公開)



 

さてさて、お待たせいたしました。

会社を選ぶ時の判断基準

(あくまでもひとつです(笑))



 

名付けて

「自己表現するための判断基準法」です!笑

 

ではそれは一体何かと言うと...

会社の「理念」で選ぶということです!


 

理念...

りねん...

リ・ネ・ン...?

 

そう、「理念」です!

 

私もこれを聞いた時は

何で理念?

やりたいことで選んだ良くない??

って思いました。

でも、やりたいことで会社を選ぶとミスマッチが起こりやすいです。

これは特に

会社の「商品・サービス・プロジェクト」に惹かれてその企業を選ぶという方に当てはまります。

それは、

あなたが入社した時にそれらの「商品・サービス・プロジェクト」があるか分からないということです。

それを踏まえたうえで選ぶのがポイントだ!ということです。

 

また業界だけで選んでいるという方にも当てはまると思います。

 

例えば、学選びと重ねて考えられます。

大学もそれぞれ大学・学部・学科ごとに

どんな学生を求めているか

どんな学生・社会人に育てようとしているか

どんな理念に元で教育をしていくか

というポリシーを持っています。

 

私の例でお話させて頂きましょう。

私は大学選びの時、ずっと農学部(動物系)を志望していました。



しかし、科目や点の伸び悩みの関係で経済専攻の学科に進学しました。



学科理念は「卒業後は地域経済を潤すことに貢献しよう」です。

将来的には地域にフォーカスして社会に貢献したいと考えていたので、理念は合致していました。

入学後半年くらいは、農学部に入学していない自分に将来の方向性・兆しを見つけられずにいる自分がいました。

そこでとにかく手あたり次第に学校のイベントやインターシップ、地域の方との交流・ボランティアに参加したり、学校の勉強などを通して、ある時思いついたのです。

 

「社会って自分だけで構成できるものじゃないんだ」

そして

「社会の様々な物事って一つの分野からできているんじゃないんだ」

「いろんな分野が複雑に絡み合って出来ているんだ」と。

 



 

そう考えてみたら

農学部でなくても

経済の面から地域をベースに貢献する手段はたくさんあるよな

農業経済学んで、経営したり...

経済という文系でもある面から

農業・畜産・ペット業界に携わる手段はたくさんあるよな

 

私の大学の学科がこの理念(卒業後は地域経済を潤すことに貢献しよう)のもとでやっている限り、

私はこの大学に自分のポリシーと重ね合わせて

学ぶことが出来るなと思ったわけです。

 

これより

大学と会社を照らし合わせながら考えてみると、

大学=会社

大学理念=会社理念

学部=業界

っていう図式が成り立つのかなと考えました。

 

大学の話から

私が妥協して入ったと思われた方もいるかと思いますが

決して妥協について伝えたいのではありません。

 

理念って「方針」ですよね。

方針って一人ひとりもっているものだと思います。

「自分はこんな風に生きたい。」



就職してそこに定年退職まで身を置くとすると

自己表現の一つに会社が挙がることもあると思います。

 

自分のポリシーと会社のポリシーが一致していれば

人生の大部分を捧げる「仕事」を通して

「自分」というものを表現できるのかなと思います。

 

理念という面から選べば、

自分がなぜその会社でなければならないのかという理由にも当てはまると考えました。

なぜなら、そこにはその学校・その会社のありたい目指すべき姿に「共感」が生まれているからです。



 

 

長々話してきましたが

冒頭にもお話したように

まだ就活もしていない私が就活についてどうこう語ることは出来ません

 

でも

今回のこの「理念」のお話を聞いた時に

自分の死角でもありましたし、

よく考えてみたら大学の例が浮かんだのでシェアしたいなと思いお話させて頂きました。

 

 

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

お会いしたり、お話出来ることを楽しみにしています!

考え・価値観を共有・交換できたら嬉しいです!

 

以上、ひらりーこと平林梨沙からでした!



 

「シェアする」ボタンを押して、
2018/8/25 20卒向けイベント CHEMISTRY‼~どんな判断基準で会社を選んでいますか~を応援しよう!

シェア数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSでシェアすると、協賛確率がUP!

関連団体ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体をシェアする

Loading...

このニュースをシェアする

Loading...

このイベントをシェアする

Loading...

このキャンペーンをシェアする

Loading...

このページをシェアする

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!