「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

団体紹介

HearToリバイバル

学生団体S.A.L. HearToプロジェクト (メディア)

7か月前

  • 0
  • ページビュー数
    38

・学生団体S.A.L. HearToプロジェクト

ガクセイダンタイ エス・エー・エル ヒアトゥープロジェクト

・フリーペーパーの製作をしております。

・活動理念:

「ヒトを映し出すことで、ヒトを動かす」

ヒトにはヒトの心を動かす力があります。国際協力のフィールドを始めとする、社会の第一線で力強く我が道を歩まれている方々の行動の源泉となる価値観は何なのか。インタビューを通じて、彼らの学生時代やきっかけ・悩み・ 人柄を知り、彼らを貫く価値観に迫りたい。そして、一人一人が秘める内なる熱い想いこそが、人間をも世界をも動かす原動力となることを伝えたい。

Hear to(ヒトに耳を傾ける)とHeart(彼らの心を伝え、読者の心を動かす)との二つの意味を"HearTo"に込めて、私たちは活動してます。

・具体的な活動事例:

1.インタビュー雑誌"HearTo"の年一回発行

これまでに3号を発行し、国際協力の第一線で活躍する方々を紹介してきました。6月に発行される最新号"Diversity"は、国際協力の枠にとどまらず、社会で我が道を駆け抜ける学生起業家にフォーカスを押し広げ、多様な生き方を紹介しています。今回は、発行部数を前号の500部から1500部へ大幅に伸ばし、影響力を広めています。

2.ウェブメディア"alterna S -HearTo支局-"への記事投稿

若者による社会変革を応援するソーシャルメディアサイト"alterna S"と提携し、インタビュー記事を投稿しています。

3. トークイベントの開催

HearToの新たな試みとして、6月15日(金)にトークイベント"Polaris"を開催します。雑誌の紙面やメディア媒体から飛び出し、"ヒト"へダイレクトに発信しようというものです。具体的には、国連UNHCRカザフスタン事務所の職員など、国際協力の第一線で活躍する方を3名お招きし、トークセッションを行います。イベント名には、今回の出逢いが夜空に瞬く北極星(Polaris)のように来場者の一つの指針になれば、との想いがこもっています。

・団体としての夢・今後取り組んでいこうとしていること:

読者が囚われてきた考えを打ち砕き、新しい価値観を創造するきっかけを作り続けること。

・団体HP:http://salkeio.com

・Facebookページ:https://www.facebook.com/HearTo-128247774413420/

・活動都道府県:東京都及び神奈川県

・団体人数:30名

・ブラッシュアップセミナーに参加します。

「応援する」ボタンを押して、
HearToリバイバルを応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

この団体を応援する

Loading...

このニュースを応援する

Loading...

このイベントを応援する

Loading...

このキャンペーンを応援する

Loading...

このページを応援する

Loading...

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!