「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

ブログ

IUYLで新しい自分発見【ゆみ】

IUYL (ボランティア)

2か月前

  • 7
  • ページビュー数
    125

 

こんにちは!いよいよ新学期が始まりましたね!

 

今日は、IUYLでボランティアができてよかったと感じたことを書きたいと思います。

 

「この子供たちには本棚が必要です。

材料と作り方はここにあるので組み立てて下さい。」

こんな感じのボランティア活動をどう感じますか?

私は、得られるものが少ないのではないかと思います。

 

IUYLのカンボジアボランティアでは、自分たちで、

調べ、考え、提案し、話し合い、修正し、実行する

という過程を実際に経験することができました。

 

具体的には、

1.必要なものを現地の子供たちとの会話の中から探る

→学校の先生になりたい子供や勉強する環境が必要な子供が多い

→図書館の必要性を再実感

2.限られたスペースを効率的に使う方法を模索

3.本棚と勉強机をひとつに!というアイデアを提案

4.メリット、デメリット、コスト、具体的な仕様の話し合い

5.図面作成かつどのくらいの木材が必要か算出

6.現地の人に聞いた木材屋で必要な木材を調達

7.作業を分担し製作

8.完成

という感じです。

 

メンバー、現地の子供たちと協力し合い作り上げていくことや、

自分たちのアイデアが実現していく過程をみることは、

とても楽しかったですし、感動しました。

 

そんな中、特に、私が楽しかったと感じたことは、

本棚の設計でした。

みんなで、どうしたらより良い本棚ができるのかアイデアを出し合い、工夫を凝らし、本当に試行錯誤を繰り返し、図面を作ることは本当に夢中になれました。

 

これは、IUYLのボランティア活動に参加したからこそ経験できたことだと感じています。

今まで知らなかった、新たな自分の夢中になれることをを発見できたことは、これからの私の就職活動にも影響しそうです。

 

今学期もがんばります!

「応援する」ボタンを押して、
IUYLで新しい自分発見【ゆみ】を応援しよう!

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、協賛確率がUP!

関連ニュース

Loading...

このニュースの応援メンバー

このニュースを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

この団体を応援する

応援数が増えると表示順番があがって
協賛が受けやすくなるよ♪
さらにSNSで応援を投稿すると、
協賛確率がUP!

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このイベントを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このキャンペーンを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

このページを応援する

シェアするSNSを選択して下さい

応援を送りました。

おすすめバイト

学生団体・サークルの所属学生にオススメのアルバイト掲載中!