「an」学生応援コミュニティ <TASUKAKE> supported by 賢者屋

バイト探しはan(アン)

新規登録

ログイン

利用規約個人情報の取り扱いに同意して
SNSアカウントで登録する

  • Twitterでログイン・登録
  • Facebookでログイン・登録
  • LINEでログイン・登録

類グループは50年前大学の自主勉強会から始まった起業家集団。「自分たちの生きる場を自分たちの手でつくってゆく」という想いの下、全員が経営に参画する共同体企業です。あまねく人々の期待に応えるべく、建築設計を皮切りに、教育、地所、農園、社会事業(地域新聞)と事業を拡大。「地域づくりと人づくりで活力ある社会をつくる」をコンセプトに、 5事業が連携し、教育革命・地域再生といったソーシャルビジネスの創造に挑戦しています。

代表

代表取締役 岡田淳三郎

設立

1972年

理念

類グループの原点は50年前に大学内で立ち上がった自主勉強会です。「既存の近代思想では現実を切り開くことはできない」「それなら自分たちで追求の場をつくろう」「自分たちの生きる場を自分たちの手でつくってゆこう」そのような想いから始まった起業家集団であり、全員が経営に参画する共同体企業です。そして、あまねく人々の期待に応えるべく、常に時代の先を読み、10年先、50年先に必要とされる事業に挑戦してきました。

事業内容

「地域づくりと人づくりで活力ある社会を創る」を事業コンセプトに5事業を展開。【類塾】脱強制・脱学校を掲げ、かつ圧倒的な合格率を誇る小中高生向け学習塾事業を関西65教室で展開。小中学生からグループ追求やキャリア教育を事業化するなど、アクティブラーニングのその先をゆく最先端の教育ビジネスです。 【類農園】食の安全安心と日本の農の再生を掲げて、5年で10倍の売上を達成した農園事業部。教育事業部と連携して自然体験教室を展開。今後は貸し農園事業にも挑戦してゆきます。【社会事業部:事実報道】発行部数9万部を達成した、マスコミが伝えない事実を発信する「事実報道」を発行。新聞勉強会を主催し、地域を守る地域リーダーの育成を目指しています。【類設計室】業界TOPのプロポーザル勝率を誇る設計事業部。地域づくりのワークショップなどにも取り組んでいます。【類地所】社会的資産としての土地活用を提案し、高入居率を実現しています。

実績

学生団体あるいは学生起業家集団のさきがけともいえる類グループは学校の枠を超えた学生団体による追求を応援しています。学生団体総選挙を2年連続で協賛。関西、首都圏は勿論、仙台、名古屋、博多といった地方都市でも、地域づくりと人づくりに関わるワークショップを開催しています。今年度は学生団体同士によるオープンイノベーションの場として「学生団体交流戦」を企画。

メッセージ

時代は大転換期を向かえています。グローバリズムは民族主義へと反転し始めました。今後は、地域共同体自治社会へと進んでいくのではないでしょうか?圧倒的な人手不足が叫ばれていますが、人工知能化が進めば、今後は「おもてなしやわざ」といった人間力が問われる時代になるのではないでしょうか?時代は地域づくりと人づくりの可能性に溢れており、それを牽引していくコトバと実現力が期待されています。若い皆さんの挑戦を応援しています。

協賛メニュー

学生にお願いしたいこと

協賛できる団体数に限りがあるため、
問い合わせが頂いた団体の中から
応援数が多い団体を優先してマッチングしていくよ!

※団体の規模は考慮します。
※企業から団体の希望がある場合を除きます。

オススメの企業

Loading...

問い合わせ

問い合わせ元
協賛の種類

問い合わせを送りました。

不適切な表現が含まれています